コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディロン Dillon, Clarence Douglas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディロン
Dillon, Clarence Douglas

[生]1909.8.21. ジュネーブ
[没]2003.1.10. ニューヨーク
アメリカの実業家外交官政治家。 1931年ニューヨーク株式取引所メンバーとなり,1938~53年ディロン・リード社副社長,1946~53年,1971年同会長。その間,フランス駐在大使 (1953~57) ,国務次官 (1958~61) を経て,1961年 J.ケネディ政権のもとで財務長官に就任。 1965年辞任。 1972年ロックフェラー財団理事長。

ディロン
Dillon, John

[生]1851.9.4. ダブリン近郊
[没]1927.8.4. ロンドン
アイルランドの政治家。 J.B.ディロンの息子。初めは土地同盟指導者。 1880年以降アイルランド選出議員としてイギリス議会で活躍,言論過激のためしばしば投獄された。 90年からは反パーネル派の代表。 1918年の選挙ではシン・フェーン党台頭によって失脚

ディロン
Dillon, John Blake

[生]1814.5.5. メイオー
[没]1866.9.15. ケリー
アイルランドの政治家。 T.デービスらとともに青年アイルランド党を結成,民族独立運動を指導した。 1848年武装蜂起に失敗し,アメリカに逃亡。 55年に帰国してからは議会活動に専念した。フェニアン主義に反対。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ディロン

生年月日:1909年8月21日
アメリカの実業家,外交官,政治家
2003年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ディロンの関連キーワードオズボーン(John Osborne)ウェイワード・パインズ/出口のない街ジェームズ・V. フォレスタルクラレンス・D. ディロンドラッグストア・カウボーイジョン.J. オズボーンハリーとヘンダスン一家マイ・ライフ・メモリーニューヨーク[州]ジミー ハミルトンディロン 運命の犬レーク・プラシッドサラナックレークドーハ・ラウンドマット ディロンメリーに首ったけクランフォードピュリッツァーハドソン[川]ロベール皇太子

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディロンの関連情報