コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーゼルサイクル ディーゼルサイクル diesel cycle

2件 の用語解説(ディーゼルサイクルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディーゼルサイクル
ディーゼルサイクル
diesel cycle

大型のディーゼル機関の基本的な熱力学サイクル。まず,空気のみをシリンダ内に吸込み,これを断熱圧縮して,空気の圧力と温度が高くなったところへ燃料 (軽油や重油) を噴射し,等圧のもとで燃焼させて,その燃焼ガスを断熱膨張させて仕事をしたのち,等容 (定積) のもとで放熱 (ガス排出) するサイクル。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ディーゼルサイクル【Diesel cycle】

ガソリンエンジンのモデルであるオットーサイクルよりも高効率の内燃機関サイクルとしてディーゼルにより考案されたもの.図のようになる.

まず空気の等圧吸入(E→C)のあと,断熱圧縮(C→D)で昇圧し,ここで燃料を注入しはじめる.燃焼により温度が上昇するので,等圧下膨張(D→A)を起こさせてピストンを動かした後,燃料供給を止めて断熱膨張(A→B)を起こさせ,B点でバルブを開いて圧力を下げてC点に戻る.ここで不要の気体を押し出す(C→E)が,その戻りの過程(E→C)で空気を吸い込んでサイクルは継続することになる.PVそれぞれシリンダの圧力と体積を表す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のディーゼルサイクルの言及

【内燃機関】より

…図1-aの定容サイクル(定容燃焼サイクル)は一定の容積で加熱と冷却が行われ,圧縮と膨張が断熱的に行われるもので,オットーサイクルとも呼ばれ,火花点火機関の基礎となるサイクルである。図1-bの定圧サイクル(定圧燃焼サイクル)は一定圧力の下で加熱が,また一定容積の下で冷却が行われ,圧縮と膨張が断熱的に行われるもので,ディーゼルサイクルとも呼ばれ,初期のディーゼルエンジンの基礎サイクルともいえるものである。図1-cの複合サイクル(複合燃焼サイクル)は定容サイクルと定圧サイクルの複合したもので,サバテサイクルとも呼ばれ,今日のガソリンエンジン,ディーゼルエンジンともこの複合サイクルにもっとも近い。…

※「ディーゼルサイクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ディーゼルサイクルの関連キーワード揮発油石油ベンジンガソリン車リーンバーンエンジンガソリン直噴エンジン直噴エンジンオットーサイクルオットー・サイクル2サイクルガソリンエンジン4サイクルガソリンエンジン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone