コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーゼルサイクル ディーゼルサイクルdiesel cycle

2件 の用語解説(ディーゼルサイクルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディーゼルサイクル
ディーゼルサイクル
diesel cycle

大型のディーゼル機関の基本的な熱力学サイクル。まず,空気のみをシリンダ内に吸込み,これを断熱圧縮して,空気の圧力と温度が高くなったところへ燃料 (軽油や重油) を噴射し,等圧のもとで燃焼させて,その燃焼ガスを断熱膨張させて仕事をしたのち,等容 (定積) のもとで放熱 (ガス排出) するサイクル。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

ディーゼルサイクル【Diesel cycle】

ガソリンエンジンのモデルであるオットーサイクルよりも高効率の内燃機関サイクルとしてディーゼルにより考案されたもの.図のようになる.

まず空気の等圧吸入(E→C)のあと,断熱圧縮(C→D)で昇圧し,ここで燃料を注入しはじめる.燃焼により温度が上昇するので,等圧下膨張(D→A)を起こさせてピストンを動かした後,燃料供給を止めて断熱膨張(A→B)を起こさせ,B点でバルブを開いて圧力を下げてC点に戻る.ここで不要の気体を押し出す(C→E)が,その戻りの過程(E→C)で空気を吸い込んでサイクルは継続することになる.PVそれぞれシリンダの圧力と体積を表す.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のディーゼルサイクルの言及

【内燃機関】より

…図1-aの定容サイクル(定容燃焼サイクル)は一定の容積で加熱と冷却が行われ,圧縮と膨張が断熱的に行われるもので,オットーサイクルとも呼ばれ,火花点火機関の基礎となるサイクルである。図1-bの定圧サイクル(定圧燃焼サイクル)は一定圧力の下で加熱が,また一定容積の下で冷却が行われ,圧縮と膨張が断熱的に行われるもので,ディーゼルサイクルとも呼ばれ,初期のディーゼルエンジンの基礎サイクルともいえるものである。図1-cの複合サイクル(複合燃焼サイクル)は定容サイクルと定圧サイクルの複合したもので,サバテサイクルとも呼ばれ,今日のガソリンエンジン,ディーゼルエンジンともこの複合サイクルにもっとも近い。…

※「ディーゼルサイクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone