コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デオキシリボヌクレアーゼ deoxyribonuclease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デオキシリボヌクレアーゼ
deoxyribonuclease

DNaseと略す。 DNAを加水分解する酵素。作用形式は DNA鎖のヌクレオチドを端から切り離していくエクソヌクレアーゼと,中間部分に作用するエンドヌクレアーゼに大別される。生物界に広く分布するが,精製材料としては胸腺,微生物,蛇毒などが用いられる。酵素作用の測定法としては,DNA鎖が短くなったことを粘度の低下によって測定したり,ヌクレオチドが生じてきたことを呈色反応,透析などにより測定したりする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のデオキシリボヌクレアーゼの言及

【核酸分解酵素】より

…核酸分解酵素の種類は合成酵素よりもはるかに多く,生命維持のために必要な,きわめて多様な役割を果たしている。 核酸分解酵素は,まず基質の種類(DNAかRNAか)によって大きくデオキシリボヌクレアーゼ(DNase)とリボヌクレアーゼ(RNase)に分けられる。また,核酸の切断される位置の塩基配列に高い特異性のあるもの(制限酵素),反対にほとんどないもの,また核酸分子の末端から順々に切断を行うもの(エキソヌクレアーゼ),中間を切断するもの(エンドヌクレアーゼ),あるいはまた二本鎖の核酸を切断するもの,一本鎖を特異的に切断するものなど,その切断の様式はさまざまである。…

※「デオキシリボヌクレアーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

デオキシリボヌクレアーゼの関連キーワード核酸分解酵素酵素加水分解リウマチ熱リソソーム消化酵素溶連菌膵液

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android