コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デニキン

百科事典マイペディアの解説

デニキン

帝政ロシアの将軍。1917年十月革命後,コルニーロフらと反革命軍を組織し,1919年モスクワへ進撃。翌年敗北し,国外へ脱出。回想録がある。
→関連項目ウランゲリ対ソ干渉戦争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デニキン【Anton Ivanovich Denikin】

1872‐1947
ロシア軍の陸軍中将で,1917年のロシア革命後の内戦期の南部ロシアにおける反革命軍の指導者。陸軍大学校卒業。二月革命後,西部方面軍,西南方面軍の総司令官を務めたが,コルニーロフの反乱を積極的に支援したため臨時政府に逮捕された。十月革命直後ドンに逃れ,コルニーロフ,アレクセーエフとともにソビエト政権に反対する〈義勇軍〉を組織し,18年4月にコルニーロフが戦死すると,その司令官となった。19年ドンバスを占領,〈統一された不可分のロシア〉のスローガンをかかげてモスクワを目指して進撃し,ソビエト政権に脅威を与えたが,19年10月に赤軍に敗れ,20年3月にはクリミアに逃れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デニキン
でにきん
Антон Иванович Деникин Anton Ivanovich Denikin
(1872―1947)

帝政ロシアの軍人。1916年に中将。17年に西部方面軍、ついで南西方面軍司令官。コルニーロフの反乱に参加したかどで臨時政府により逮捕されたが、同年十月革命の直後ドンに逃れ、コルニーロフ、アレクセーエフ両将軍らとともにソビエト政権に対抗する反革命軍事組織、義勇軍を編成して、第一義勇師団長、コルニーロフの戦死後は義勇軍総司令官となった。19年に義勇軍を中核として南ロシア軍を編成し、モスクワを目ざして攻勢に出たが、赤軍に撃退された。20年春に北カフカスで敗北を喫し、クリミアから国外に亡命した。アメリカのアナーバーで死去。[原 暉之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のデニキンの言及

【ウクライナ】より

…ドイツ軍が18年秋に撤退した後,19年を通じてウクライナは激しい内戦の舞台となった。ソビエト軍,ペトリューラ主導のディレクトーリア軍(民族派),N.I.マフノらに率いられる農民軍,A.I.デニキン率いる白衛軍などが入り乱れて戦った。20年にはほぼソビエト権力がウクライナに確立したが,その過酷な穀物徴発政策により21年夏までに約100万人の農民が飢饉により死亡した。…

【ロシア革命】より

…これが赤軍の勝因の最大のものの一つである。 コルチャーク軍の進撃がくい止められると,こんどは南からデニキン軍が攻め上ってきた。6月24日ハリコフを陥した同軍は,7月3日モスクワへの進撃を開始した。…

※「デニキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デニキンの関連キーワードチャイコフスキー(Nikolay Vasil'evich Chaykovskiy)ピョートル ウランゲリオデッサ(ウクライナ)ロシア革命史(年表)ネストル マフノ12月16日スターリンウクライナカデット干渉戦争キーロフマフノ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android