コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デベネデッティ デベネデッティ Debenedetti, Giacomo

3件 の用語解説(デベネデッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デベネデッティ
デベネデッティ
Debenedetti, Giacomo

[生]1901. ビエッラ
[没]1967. ローマ
イタリアの小説家,評論家。 1926年に短編集『アメデーオ』 Amedeoで文名を高めた。評論にはカフカズベーボサーバなど,ユダヤ系作家を論じたものが多い。 44年に発表したユダヤ人迫害の記録『1943年 10月 16日』は,時代の証言として重要な文献となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デベネデッティ
デベネデッティ
Debenedetti, Santorre

[生]1878. アックイ
[没]1948. トリノ
イタリアの文学史家,文献学者。パビアおよびトリノ大学教授を歴任。主著『≪狂乱のオルランド≫自筆原稿断片』I frammenti autografi dell' "Orlando furioso" (1928) ,『プロバンスとイタリア』 Provenza e Italia (30) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デベネデッティ
でべねでってぃ
Giacomo Debenedetti
(1901―1967)

イタリアの文学者。ビエッラに生まれる。トリノ大学卒業。ファシズム政権下ではP・ゴベッティを核とする知識人グループに加わり、反体制的姿勢を貫いた。ユダヤ系であるために迫害を受けたが、その体験に基づく『一九四三年十月十六日』(1944)は貴重なドキュメントである。文学論においては精神分析学や社会学などを踏まえながら、ヨーロッパ近・現代文学全般にわたって鋭い批評眼を示し、G・パスコリやI・ズベーボに対する評価、M・プルーストやR・ラディゲのイタリアへの紹介など功績は大きい。主著は『評論集』(第一集1929、第二集1945、第三集1959)のほか、死後刊行の『20世紀の小説』(1971)、『20世紀イタリア詩』(1974)など。[鷲平京子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デベネデッティの関連キーワードクイックタイムクイックステップ続飯クイック攻撃エア クイックザ・ロックアップビッククイックドライマイタックインデックスマジックインキ 大型マジックインキ 極太

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone