コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュシェーヌ(英語表記)Duchesne, André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュシェーヌ
Duchesne, André

[生]1584.5.
[没]1640.5.30. パリ
フランスの歴史家。王室歴史編纂官。『フランス王朝の偉大と尊厳の由来と研究』 Antiquités et recherches de la grandeur et majesté des rois de France (1609) ほか著作が多い。フランス歴史学の父と呼ばれる。

デュシェーヌ
Duchesne, Louis-Marie-Olivier

[生]1843.9.13. サンセルバン
[没]1922.4.21. ローマ
フランスの古代教会史家。 1867年司祭。ローマでデ・ロッシに学び,77年パリ大学カトリック研究所教授。 81年『文学,歴史,神学の批判報告』 Bulletin critique de littérature,d'histoire et de théologie誌を創刊。 92年エコール・デ・ゾート・ゼチュードの宗教研究の主任を兼ね,95年から死ぬまでローマのフランス学院院長。 1910年アカデミー・フランセーズ会員。考古学,地誌学,典礼学などの研究を教会史に適用。実証的研究により多くの伝説をくつがえし,辛辣な文章とあわせて多くの敵をつくった。主著『歴代教皇表』 Liber pontificalis (2巻,1886~92) ,『キリスト教祭式の起源』 Les origines du culte chrétien (89) ,『古代キリスト教会史』 Histoire ancienne de l'église chrétienne (4巻,1905~25) 。

デュシェーヌ
Duchesne, (Rose) Philippine

[生]1769.8.29. グルノーブル
[没]1852.11.18. アメリカ,セントチャールズ
フランスの修道女福者。 1788年故郷で訪問会に入り,フランス革命により一時家庭に引戻されたが,1804年他の修道女とともに聖心会に入って M.S.バラの秘書をつとめる。 18年アメリカに渡り,各地に学校,修道院を建て,会の地盤を築いた。 1940年列福。祝日 11月 17日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android