コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュレーション でゅれーしょんduration

翻訳|duration

知恵蔵の解説

デュレーション

債券に投資した額の平均回収期間。金利が1%変化した時の債券価格の変動を示す指標として使われる。クーポン付きの社債では、計算上、償還期間より短い期間で投資資金を回収することができる。この計算上の期間がデュレーションで、短いほど高利回りで金利変動の影響も小さくなる。ただし、ジャンク債ではデュレーションが短くなるため、債券の格付けなどとは無関係である。デュレーションを投資期間に一致させることで金利変動リスクを回避するイミュニゼーションなど債券ポートフォリオのリスク管理に用いられることが多い。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デュレーション(duration)

《継続期間、持続時間の意》債券投資で元本を回収するまでに必要な平均残存期間のこと。また、金利が変動した場合、債券価格がどの程度変化するかを表す指標の一種。この値が大きいほど金利の変動による債券価格の変動率が大きくなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

パラグライダー用語辞典の解説

デュレーション

パラグライダーの競技のひとつ。空中にどれだけ長く滞空できるか競う。

出典|パラグライダー用語辞典について | 情報

デュレーションの関連キーワードデュレーション [duration]ゲートタイム [gate time]モートン フェルドマンパラグライダー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デュレーションの関連情報