コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・バルタス Du Bartas, Guillaume de Salluste, seigneur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュ・バルタス
Du Bartas, Guillaume de Salluste, seigneur

[生]1544. ガスコーニュ,モンフォール
[没]1590.7. クードン
フランスの詩人,外交官,軍人。熱烈なプロテスタントで国王アンリ4世の信任厚く,諸国への外交使節をつとめた。詩人としてロンサールの影響が大きいにもかかわらず,プレイヤッドの古代異教趣味を攻撃,天地創造の7日間を描いた叙事詩『聖週間』 La Semaine (1578) は,ロンサールをもしのぐほどの評判を呼び,イギリス文学にも影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュ・バルタスの関連キーワードプロテスタントバロック文学シルベスターフォンデルデービス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android