コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹中半兵衛 たけなか はんべい

9件 の用語解説(竹中半兵衛の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

竹中半兵衛

戦国時代の武人。美濃生。名は重治、半兵衛は通称。竹中遠江守重元の長子。20才で斎藤竜興の居城稲葉山を陥いれ、永禄10年織田信長に謁し木下秀吉の謀将となる。重治は武略に於いて当代無双と称され、兵道の奥義を秀吉に伝え、軍事に多大な貢献をした。天正7年(1579)歿、36才。法号は水徹。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たけなか‐はんべえ〔‐ハンベヱ〕【竹中半兵衛】

[1544~1579]戦国時代の武将。美濃の人。本名、重治(しげはる)。長篠(ながしの)の戦いの功を認められ、豊臣秀吉の謀将として活躍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竹中半兵衛【たけなかはんべえ】

戦国時代の武将。名は重治。初め美濃(みの)の斎藤竜興に仕えたが,斎藤氏を見限り織田信長,次いで羽柴(豊臣)秀吉に仕えた。秀吉のもとで知将として活躍したが,播磨(はりま)三木城攻囲中,同国平山の陣で病死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹中半兵衛 たけなか-はんべえ

竹中重治(たけなか-しげはる)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹中半兵衛

没年:天正7.6.13(1579.7.6)
生年:天文13(1544)
安土桃山時代の武将。美濃菩提山城主竹中重元の子。半兵衛というのは通称。名は,はじめ重虎といったが,のち重治と改めた。稲葉山城主斎藤竜興に仕えていた永禄7(1564)年2月,竜興の寵臣政治にたまりかね,わずか十数名で稲葉山城を乗っ取ったことはよく知られている。その後,城は竜興に返したがそのまま蟄居し,同10年,織田信長が斎藤氏を滅ぼすと,豊臣秀吉の誘いによって信長方となり,元亀1(1570)年の姉川の戦のころから秀吉の与力につけられた。居城の菩提山城が美濃と近江の国境に近かったことから,近江浅井長政の家臣たちを味方にするという点で大活躍をし,「秀吉の軍師」などと呼ばれるようになる。中国攻めにも黒田孝高らと手腕を発揮し,知将といわれた。播磨三木城攻めの最中に発病し,向城の平山の陣中において病没。36歳の若さであった。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たけなかはんべえ【竹中半兵衛】

?‐1579(天正7)
戦国時代の武将。岐阜市敬念寺文書によれば半兵衛尉重虎と称した。美濃の斎藤竜興に仕えて知謀の将といわれたが,1564年(永禄7)竜興の稲葉山城を急襲して奪った。ついで返還したものの斎藤家を去って織田信長に仕え,羽柴(豊臣)秀吉の与力となった。秀吉の参謀として中国征伐に幾多の戦果を収めたが,病没した。36~37歳という。画像,着用の具足などが末裔の家に伝存する。【岩沢 愿彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たけなかはんべえ【竹中半兵衛】

1544?~1579) 戦国時代の武将。美濃の人。名は重治。半兵衛は通称。豊臣秀吉の軍師。智略人にすぐれたが、播磨三木城攻略中、病没。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹中半兵衛
たけなかはんべえ

[生]天文13(1544)
[没]天正7(1579).6.13. 播磨
安土桃山時代の武将。重元の子。名は重治。斎藤龍興の臣,のち織田氏に仕え,豊臣秀吉に従って転戦,秀吉帷幕の智将として知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹中半兵衛
たけなかはんべえ
(?―1579)

戦国時代の武将。名は重治(しげはる)(重虎(しげとら)とも)。半兵衛は通称。美濃(みの)(岐阜県)不破(ふわ)郡岩手菩提(いわてぼだい)山城主。美濃三人衆の1人安東守就(あんどうもりなり)の女婿。俗説では領土欲なく、軍師に徹した人物と評される。初め斎藤龍興(たつおき)に仕える。1564年(永禄7)義父守就とともに龍興の居城稲葉山(いなばやま)城を奪取したが、すぐ龍興に返した。龍興没落後は織田信長に仕え、豊臣(とよとみ)秀吉に付属、秀吉麾下(きか)では智将、謀将として重んじられた。秀吉の諸戦の勝利は半兵衛の策によるところ大であったが、79年(天正7)秀吉の播磨(はりま)(兵庫県)平定戦に参加した際、三木城攻囲の陣中で6月13日病死した。35歳とも36歳ともいう。子孫はのち竹中流軍学をおこした。[谷口研語]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹中半兵衛の関連キーワード竹中重門竹中重利文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代横目付伊勢・安土桃山文化村竹中重次竹中重治

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹中半兵衛の関連情報