コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デューレン Düren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デューレン
Düren

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州にある工業都市。マース川の支流ルア川にのぞみ,ケルンの西南西約 40kmに位置する。カロリング朝フランク王国の初代国王ピピン3世のビラ・ドゥリアから発展したもので,カルル大帝のザクセン人討伐の基地となり,1200年頃,囲壁を設け帝国直轄都市となった。 38年以後はユーリヒ伯領。製紙,金属,織物,化学,ガラス,精糖などの工業が行われる。人口8万 6508 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デューレン
でゅーれん
Dren

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。人口9万1800(2000)。ケルンとアーヘンの中間に位置する。黄土の沃野(よくや)とアイフェル山地の境界に位置し、周辺農村地域の中心都市。工業は、豊かな水と麦藁(わら)を利用する製紙、テンサイ加工のほか、繊維工業、ガラス工業などが盛んである。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デューレンの関連キーワードラルス フォークトアイフェル山地ジュラルミンディリクレゴッセン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デューレンの関連情報