デルフィ(英語表記)Delphi

翻訳|Delphi

世界遺産情報の解説

デルフィ

アテネより北西へ178km、古代の町の遺跡デルフィ。パルナッソス連峰の南の麓ブレイストス河の深い谷を前に、天然の野外劇場のように広がっています。かつてアポロンの神のお告げが行われた聖域で、結婚、商売、病気など個人的な悩みを持つ市民から、戦争や政治など国家の一大事を抱えた王や使者までが訪れるほどでした。 また、古代ギリシャでは地球は平らな円盤状と信じられ、その中心はデルフィであると考えられていました。「大地のへそ」とも呼ばれた鐘の形をした大理石は今ではデルフィ博物館に収められています。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android