コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

データ端末装置 データたんまつそうちdata terminal

世界大百科事典 第2版の解説

データたんまつそうち【データ端末装置 data terminal】

コンピューターとのデータ入出力を,通信回線を介して遠隔から行うための装置。データ端末装置は各種の入出力部と,コンピューター本体との間の通信を制御する端末制御部から構成される。代表的なものとして汎用(はんよう)端末装置ではタイプライター端末,ディスプレー端末,リモートバッチ端末などがあり,専用端末装置では銀行用端末,POS(point of saleの略)端末,工業用端末などがある。通信回線1回線に対し1組の入出力装置をもつ端末をスタンドアロン型,複数組の入出力をもつ端末をクラスター型という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone