コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ホーホ Pieter de Hooch(Hoogh)

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ホーホ【Pieter de Hooch(Hoogh)】

1629‐84
オランダの風俗画家。ロッテルダム生れ。ハールレムで風景画家ベルヘムNicolaes Berchemに師事したのちデルフトに移住し,1655年同市の画家組合に入会。最初は居酒屋や休息する兵士の情景から出発したが,やがて暖かい陽光に満たされた中流家庭の静謐な室内や中庭における母子や女中を主題とする新しい種類の上品な風俗画を,3歳年下のフェルメールと競合しつつ創始した。今日通例〈デルフト派〉と呼ばれる彼らの絵は,遠近法の巧みな駆使と光の効果的な描写によって以前の風俗画には見られない自然な室内空間を現出させている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のデ・ホーホの言及

【フェルメール】より

…ユトレヒトのカラバッジョ派,とりわけテルブリュッヘンの影響を示す大きな色斑で構成された神話画・宗教画を手がけたのち,56年ほとんど唯一の確実な年記作品《娼家にて》で風俗画に転向。次いで50年代末から60年代前半に,風俗画史上初めて登場人物の挙動と同等もしくはそれ以上の関心を陽光に満たされた室内空間の自然で正確な描出に注いだ同輩のデ・ホーホと競合しつつ,日常の行為に没頭する単身もしくは少数の人物(とくに女性)をあらわした《牛乳を注ぐ女中》《手紙を読む女》《真珠のネックレス》等の一連の傑作によって,独自の絵画世界を確立した。 彼らの周辺には一群の追随者(〈デルフト派〉と呼ぶこともある)が生まれたが,フェルメールの作品は,画面の幾何学的とすら呼べる緊密な平面的秩序と空間の三次元性との完璧な均衡,円柱や釣鐘にたとえられるような単純で堅牢な形態とモニュメンタリティを備えた人物像,きわめて自然でいてしかも現実を超えた夢想的世界を現出させる精妙な光の描写において,他の追随を許さない。…

※「デ・ホーホ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デ・ホーホの関連キーワードアンティミストテルボルフメツー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デ・ホーホの関連情報