コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ラ・メア Walter de la Mare

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ラ・メア【Walter de la Mare】

1873‐1956
イギリスの詩人,小説家母方の先祖に詩人ブラウニングがいる。名門パブリック・スクールのセント・ポール大聖堂合唱隊学校を出て,大学には進まず,石油会社に勤めながら処女詩集《幼年時代の歌》(1902)を発表。以後《老人たち》(1913)から《よしなしごと》(1927)を経て,《旅人》(1946),《翼ある戦車》(1951),《おお美しきイングランド》(1953)にいたる多くの詩集において,幼年・夢・驚異・時間・死などの主題を清純な調子で歌いつづけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデ・ラ・メアの言及

【児童文学】より

…少年小説もまたT.ヒューズの《トム・ブラウンの学校生活》(1857),R.バランタインの《サンゴ島》(1857),ウィーダOuidaの《フランダースの犬》(1872),シューエルA.Sewellの《黒馬物語》(1877)のあとをうけて,R.L.スティーブンソンの《宝島》(1883)で完成した。架空世界を取り扱った物語は,J.インジェローの《妖精モプサ》(1869),G.マクドナルドの《北風のうしろの国》(1871),R.キップリングの《ジャングル・ブック》(1894),E.ネズビットの《砂の妖精》(1902),K.グレアムの《たのしい川べ》(1908),J.M.バリーの《ピーター・パンとウェンディ(ピーター・パン)》(1911),W.デ・ラ・メアの《3びきのサル王子たち》(1910)にうけつがれ,ファージョンE.Farjeon《リンゴ畑のマーティン・ピピン》(1921)は空想と現実の美しい織物を織り上げた。さらにA.A.ミルンの《クマのプーさん》(1926)が新領域をひらき,J.R.R.トールキンの《ホビットの冒険》(1937),《指輪物語》(1954‐55)は妖精物語を大成する。…

※「デ・ラ・メア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デ・ラ・メアの関連キーワードアダムズ(Richard Adams)エリナー ファージョンファージョンデ・ラ・メア4月25日児童文学聖書物語ギブズ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android