コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥアマシナ

2件 の用語解説(トゥアマシナの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トゥアマシナ

マダガスカル島東岸,インド洋岸の港湾都市。旧称タマタブ。内陸の首都アンタナナリボと鉄道で結ばれ,機械,製油,食品加工などの工業が行われる。1929年―1935年に港湾設備が大改修され,同島第1の港となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

トゥアマシナ(Toamasina)

マダガスカル東部の都市。旧称タマタブ。同国第2の規模をもつ。インド洋に面し、同国最大の港があり、内陸の首都アンタナナリボと鉄道で結ばれるコーヒーのほか、バニラ丁子など香料を輸出。トアマシナ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトゥアマシナの言及

【タマタブ】より

…アフリカ大陸南東方,インド洋上にあるマダガスカル共和国東部の港湾都市。現地名トゥアマシナToamasina。人口12万7000(1993)。…

※「トゥアマシナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥアマシナの関連情報