コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥアマシナ

百科事典マイペディアの解説

トゥアマシナ

マダガスカル島東岸,インド洋岸の港湾都市。旧称タマタブ。内陸の首都アンタナナリボと鉄道で結ばれ,機械,製油,食品加工などの工業が行われる。1929年―1935年に港湾設備が大改修され,同島第1の港となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

トゥアマシナ(Toamasina)

マダガスカル東部の都市。旧称タマタブ。同国第2の規模をもつ。インド洋に面し、同国最大の港があり、内陸の首都アンタナナリボと鉄道で結ばれる。コーヒーのほか、バニラ、丁子など香料を輸出。トアマシナ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトゥアマシナの言及

【タマタブ】より

…アフリカ大陸南東方,インド洋上にあるマダガスカル共和国東部の港湾都市。現地名トゥアマシナToamasina。人口12万7000(1993)。…

※「トゥアマシナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥアマシナの関連キーワードマルク ラベロマナナ北マナナラ国立公園ザハメナ国立公園マハベロナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android