コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥサン・ルベルチュール François Dominique Toussaint L’Ouverture

1件 の用語解説(トゥサン・ルベルチュールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トゥサン・ルベルチュール【François Dominique Toussaint L’Ouverture】

1743‐1803
ハイチ独立運動の指導者。〈ブラック・ジャコバン〉と呼ばれる。イスパニオラ島のフランス植民地サン・ドマングのブレダ農園に生まれた奴隷であったが,御者,獣医,家令としてラテン語フランス語,数学の知識をもち,奴隷解放と独立を夢見ていた。1793年フランスがスペインと戦争に入ると,彼は島の東部(サント・ドミンゴ)を支配するスペイン軍に参加し,優れた軍事的才能を発揮した。だが94年スペイン軍と手を切り,フランス軍に帰順して,奴隷を解放し,島の平和建設に着手しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトゥサン・ルベルチュールの言及

【カリブ海】より

…奴隷の抵抗としては,1730年代にジャマイカで起こったマルーン戦争が有名だが,その規模が最も大きな反乱は,フランス革命の影響のもとで91年にサン・ドマングで起こった奴隷の大蜂起である。トゥサン・ルベルチュールの指導で進められたこの反乱は,やがて当時ヨーロッパで最強であったイギリス軍やナポレオンの軍隊を撃退して,1804年ついに世界で最初の黒人共和国ハイチとして独立した。世界史上空前の事件である。…

【ハイチ】より

…フランスはここをサン・ドマングと命名し,奴隷労働に基づく綿花,砂糖,コーヒー栽培を行い,18世紀末には奴隷人口は40万人に達した。1791年8月,フランス大革命の影響を受けて奴隷反乱が発生し,解放奴隷トゥサン・ルベルチュールの指導下でそれが独立革命に発展した。1801年に憲法が制定され彼は終身総督となったが,ナポレオンは2万5000の兵士を派遣して革命の鎮圧に当たった結果,ルベルチュールは捕らえられ,03年フランスで獄死した。…

※「トゥサン・ルベルチュール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トゥサン・ルベルチュールの関連キーワードアギナルドオコンネルガンジーティラクヤムスクロサンマルティンファンボイチャウボリーバル三・一独立運動シウダーボリーバル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone