コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥトアンクアメン トゥトアンクアメンTutankhamen

翻訳|Tutankhamen

1件 の用語解説(トゥトアンクアメンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥトアンクアメン
トゥトアンクアメン
Tutankhamen

[生]前1370頃
[没]前1352
古代エジプト第 18王朝 12代目の王 (在位前 1361~前 1352) で,ツタンカーメンとも呼ばれるアメンホテプ3世の末子であったとも,イクナートンの子ともいわれるが,出自は不明。イクナートンの3女と結婚。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のトゥトアンクアメンの言及

【ツタンカーメン】より

…在位,前1347ころ‐前1338年ころ。トゥトアンクアメ(モ)ンとも表記され,信仰復興王と呼ばれる。誕生名はツタンカーテン(トゥトアンクアテン)で,おそらく王族の出身だが,両親の名は不明である。…

※「トゥトアンクアメン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥトアンクアメンの関連キーワード正平文和応安順帝建徳兪良甫京極高詮明兆観応後光厳天皇

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone