コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥムシュク

百科事典マイペディアの解説

トゥムシュク

中国,新疆ウイグル自治区,天山南路西部にある一駅で,現在のアクスカシュガル間の町,パーチュー(巴楚)の北東に位置する。付近に仏教遺跡があり,1906年ペリオがその南方トックズ・サライで多数の祠堂と,塑像断片を大部分とする約400点の遺物を発掘した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥムシュク【Tumshuq】

中国,新疆ウイグル自治区の天山山脈南麓西方,マラル・バーシとアク・スーとの間,マラル・バーシ西方約70kmにあるオアシス。1906年にP.ペリオはマラル・バーシ~アク・スー公道の北のトックズ・サライ,14年にル・コックは南のトゥムシュク・ターグで,それぞれ泥煉瓦建築の仏教寺院跡を発掘し,29年に黄文弼はトゥムシュク・ターグ寺跡を調査した。また付近にはイスラム時代の二つの城塞も知られている。なかんずくペリオの発掘したトックズ・サライはA~Eの5区画から成るストゥーパを中心とする8世紀の仏寺で,Aはストゥーパとその両側にこれに向かって開口する祠堂列,Cは後室にストゥーパをもち,前室を広くとった独特のプランである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトゥムシュクの言及

【仏像】より

…南道の東端に位置するミーラーンの第2古址の塑造仏座像にはインドのグプタ様式を思わせる豊かさがある。北道のトゥムシュク遺跡の塑像は額が広く目鼻口が中央に寄った顔貌に特色があり,洗練された造形感覚を示す。北道のほぼ中央部のクチャ地区のクムトゥラ石窟の塑像には美しい彩色が遺り,インドやイランの作風のみならず中国の唐様式も看取しうる。…

※「トゥムシュク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥムシュクの関連キーワード中央アジア美術ル・コック

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android