コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥムリー

百科事典マイペディアの解説

トゥムリー

北インドの声楽曲の一形式。19世紀ラクナウの宮廷では当初,舞踊や演劇に伴うものだったが,やがて歌詞の表出を重んじる独自の歌唱法が確立,バラナシパンジャーブへと広まり,20世紀初頭に全盛期を迎える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥムリー【ṭhumrī[ヒンデイー]】

インドの声楽曲の一形式。恋愛を歌う抒情的な歌で,主として女性歌手によって歌われる。本来は民謡の一種であるが,古典音楽にもトゥムリーの形式による曲が取り入れられている。トゥムリーによく用いられるラーガは,明るく軽快なもので,短2度や短6度などの音程のあるものは避けられる。【島田 外志夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトゥムリーの言及

【インド音楽】より

…またイスラムのスーフィーたちの法悦への手段としての歌はカワーリーと呼ばれる。芸術性の高い歌謡の一様式としての抒情歌トゥムリーは,クリシュナに対するラーダー姫と牛飼女たちの恋情を歌う。ガザルはウルドゥー語の詩による抒情歌でペルシア起源である。…

※「トゥムリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥムリーの関連キーワードヒンディー語バジャンカヤールガザル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android