コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルク大聖堂 トゥルクだいせいどう

1件 の用語解説(トゥルク大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

トゥルクだいせいどう【トゥルク大聖堂】

フィンランド南西部の西スオミ州の州都トゥルクTurku)市街、アウラ川南岸に建つ大聖堂。同国の教会の中心的存在で、現在はフィンランドルーテル教の中央教会(司教座聖堂)となっている。トゥルクには、1229年にローマ教皇グレゴリウス9世により司教座が置かれたが、この大聖堂は1300年に、フィンランド最初の司教の聖ヘンリーと聖母マリアに捧げる聖堂として建設が始まり、13世紀末に完成した。その後も何世紀にもわたって増改築が行われてきた。現在の聖堂の建物は、1827年のトゥルクの大火災により被害を受けた聖堂を修復し、新たにデザインされたものである。この火災で塔も倒壊し、建築家エンゲル(Carl Ludvig Engel)の設計で、新たに現在の塔が建てられた。また、1979年にも大改修が行われている。内部には、宮廷画家R.W.エークマンが描いた1836年のロマン主義の祭壇画や天井画がある。また、博物館が併設され、この大聖堂の歴史に関する模型や、典礼聖器、テキスタイル、中世の彫刻などの展示が行われている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥルク大聖堂の関連キーワードトゥルクフィン人フィンランディアケララスオミ芬蘭トゥルク城ナーンタリフィンランドバスソークママとボクのフィンランドバス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone