コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルゴビシュテ トゥルゴビシュテTîrgovişte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥルゴビシュテ
Tîrgovişte

ルーマニア南部,ドゥンボビツァ県 (面積 3738km2。人口 55万 9900〈1992推計〉) の県都。 1383~1698年ワラキア公国の首都で,政治,経済の中心地。油田地帯の中心都市で,第2次世界大戦後,工業都市として発展。冶金,石油精製,建設資材工業がある。 16世紀初頭に建設された修道院,聖堂,城塞の遺跡がある。人口9万 7876 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トゥルゴビシュテ(Târgovişte)

ルーマニア中南部の都市。首都ブカレストの北西約75キロメートル、ヤロミツァ川沿いに位置する。14世紀末から17世紀末までワラキア公国の首都が置かれた。旧王宮跡には15世紀にワラキア公ブラド=ツェペシュが築いたキンディア塔や16世紀創建の王立教会が残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

トゥルゴビシュテ【Tîrgovişte】

ルーマニア,南カルパチ山脈から流れるヤロミツァ川が平野に移る地点に位置し(標高285m),ドゥンボビツァ県の県都。人口9万9000(1994)。トランシルバニア地方との交易都市として発展,ミルチャ老公(在位1386‐1418)はここをワラキアの主都とし,15~17世紀には同地方の政治・経済の中心地になった。冶金,鉄道車両,石油採掘機械などの工業が発達する。14世紀の城跡,15世紀の要塞塔,16世紀のドムネアスカ教会がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥルゴビシュテ
とぅるごびしゅて
Trgovite

ルーマニア中南部、ドゥンボビツァ県の県都。1989年のチャウシェスク社会主義政権崩壊後、ルーマニア語は1945年以前の表記法に戻り、それに従いトゥルゴビシュテも社会主義時代に使用されたTrgoviteから、Trgoviteに戻った。首都ブクレシュティ(ブカレスト)の北西約75キロメートルにあり、南カルパティア山脈から流れるヤロミツァ川がルーマニア平原に出る所に位置する。人口8万9429(2002)。油田地帯にあり、石油採掘機械工業が発達している。鉄道交通の要地である。14世紀末からトランシルバニアとの交易都市として発展し、のちにワラキア公国(ルーマニア語名ツァーラ・ロムネアスカ)の首都(1383~1698)となり、経済、政治、文化の中心地であった。15世紀のキンディエ塔や16世紀のドムネアスカ教会が残る。[佐々田誠之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トゥルゴビシュテの関連キーワードブラディミレスクブクレシュティルーマニア

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android