コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウジンビエ

百科事典マイペディアの解説

トウジンビエ

チカラシバ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウジンビエ
とうじんびえ / 唐人稗
[学]Pennisetum typhoideum Rich.

イネ科の一年草。熱帯アフリカ、とくにエジプト、スーダン地域が原産地とされるが、インドも原産地とする説もある。茎は直立して高さ3メートルになり、よく分げつし、葉は長いものは1メートル余、幅6センチメートルほどで草形はモロコシに似ている。秋に茎頂に穂を出す。穂は長さ30~90センチメートル、太さ径2~4センチメートルで、多数の短い枝柄に一対ずつ小穂がつき、小穂の基部に濃褐色の長い硬毛が密生しているので、穂全体はガマの穂を長くしたような形状である。穎果(えいか)は秋に熟し、長さ5ミリメートル、幅2~3ミリメートルの倒卵形で、灰青色または深褐色。
 高温に強く、年に2回ほど刈り取っても再生力が強い。インドやアフリカでは種子のひき割りを粥(かゆ)としたり、粉にして平焼きパンとする。稈葉(かんよう)は屋根葺(ふ)き材料や燃料とする。日本、アメリカ、ヨーロッパでおもに青刈り飼料作物として栽培されている。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トウジンビエの関連キーワードティチト・ワラタ遺跡サバンナ(植生帯)穀物栽培文化カメルーンマリンケ族ナミビアドゴン族ルグバラ農耕文化ガーナドゴンロビ族モシ族

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android