コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウジンビエ

2件 の用語解説(トウジンビエの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トウジンビエ

チカラシバ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウジンビエ
とうじんびえ / 唐人稗
[学]Pennisetum typhoideum Rich.

イネ科の一年草。熱帯アフリカ、とくにエジプトスーダン地域が原産地とされるが、インドも原産地とする説もある。茎は直立して高さ3メートルになり、よく分げつし、葉は長いものは1メートル余、幅6センチメートルほどで草形はモロコシに似ている。秋に茎頂に穂を出す。穂は長さ30~90センチメートル、太さ径2~4センチメートルで、多数の短い枝柄に一対ずつ小穂がつき、小穂の基部に濃褐色の長い硬毛が密生しているので、穂全体はガマの穂を長くしたような形状である。穎果(えいか)は秋に熟し、長さ5ミリメートル、幅2~3ミリメートルの倒卵形で、灰青色または深褐色。
 高温に強く、年に2回ほど刈り取っても再生力が強い。インドやアフリカでは種子のひき割りを粥(かゆ)としたり、粉にして平焼きパンとする。稈葉(かんよう)は屋根葺(ふ)き材料や燃料とする。日本、アメリカ、ヨーロッパでおもに青刈り飼料作物として栽培されている。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone