コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トグルル・ベグ トグルル・ベグTughril Beg; Toghrïl Bag

1件 の用語解説(トグルル・ベグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トグルル・ベグ
Tughril Beg; Toghrïl Bag

[生]990頃
[没]1063
イラン,セルジューク朝の創始者 (在位 1037~63) 。シルダリア下流域に移住したオグズ族の族長セルジュークの孫。 1016年頃兄弟のチャグリとともにマーワラー・アンナフルに入ったが,ガズニー朝のマフムードに敗れ,ホラズムに退去。その後ホラーサーンに侵入し,37~38年にはメルブとニシャプールを従えてセルジューク朝の基礎を確立。 40年にダンダンカーンの戦いガズニー朝のマスウードを破ったのち,ホラーサーンからアナトリア方面へ進出,ついに 55年バグダードに入城し,ブワイフ朝勢力を排除して,アッバース朝カリフからスルタンの号を受けた。ここに彼は,シーア派のファーティマ朝およびブワイフ朝に対抗して,イラン,イラクの地にスンニー派支配体制を復活させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トグルル・ベグの関連キーワード谷中麻里衣現在価値正暦造幣局虐待と知的・発達障害特殊詐欺と電話圜悟克勤オロモウツ七時雨山ギニア(国)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone