トゲアワフキ(棘泡吹)(読み)トゲアワフキ

世界大百科事典 第2版の解説

トゲアワフキ【トゲアワフキ(棘泡吹)】

半翅目トゲアワフキ科Machaerotidaeに属する昆虫総称アワフキムシ科に近縁一群。トゲアワフキ類の幼虫が,みずから分泌した物質により石灰質の筒巣を形成し,その中で発育するのは,昆虫界でも特異な例である。形態的にもアワフキムシ類によく似るが,アワフキムシ類よりも小楯板が発達し,なかには大きなとげ状となり,後方に突出する種もある。旧世界の熱帯亜熱帯に種類が多い。日本にはムネアカアワフキHindoloides bipunctataとタケウチトゲアワフキMachaerota takeuchii(イラスト)の2種が生息するが,ともに東北地方以南に分布し,北海道には記録がない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android