コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナノキ

百科事典マイペディアの解説

シナノキ

北海道〜九州,中国の山地にはえるシナノキ科の落葉高木。葉は薄く,広卵形で左右が著しく不同,縁には鋭い鋸歯(きょし)がある。6〜8月,葉腋から1枚のへら状の包葉をつけた花柄を出し,淡黄色の小花を多数開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

シナノキ

シナノキシナノキ属の落葉広葉樹。漢英語では「Japanese linden」、または「Japanese lime」と表記される。シナ、アカシナ、アカジナ、リンデン、マダとも呼ばれる。材の性質としては木理通直であり、肌目は緻密、堅さはそれほどなく、腐食耐久性に劣る。木材中に含まれる糖によって尿素樹脂接着剤による接着の場合は接着不良を起こす。またセメントの硬化不良の原因にもなる。また釘などの鉄汚染が材内の酸により発生するといった注意点がある。木目がないため合板によく用いられている。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シナノキ【Japanese linden】

日本の山地に自生するボダイジュに似たシナノキ科の落葉高木で,高さ20m,直径60cmに達する(イラスト)。葉は互生し,長さ2.5~5cmの長い葉柄を有し,膜質ないし紙質,やや円心形,長さ5~8cm,先端は短くとがり,基部は斜心形,ふちに単鋸歯があり,裏面は脈腋(みやくえき)および脈基に毛束があるほか毛はなく,葉の表は深緑色で裏は灰白色。6月中頃,下垂性の散房状集散花序を葉腋から出し,小さい淡黄色の花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シナノキ
しなのき / 科木
[学]Tilia japonica (Miq.) Simonkai

シナノキ科の落葉高木。高さ25メートル、径1メートルに達する。幹は灰褐色で、樹皮は縦に裂ける。葉は互生し、いびつな卵円形で、長さ4~9センチメートル。花は6~8月、葉腋(ようえき)から下向きに出た集散花序につき、淡黄緑色で香りがある。花序の柄にはへら形で葉状の包葉がある。果実は堅果で、球形、径約5ミリメートルで毛がある。山地に普通に生え、北海道から九州に分布し、日本の温帯林の代表的な樹種の一つである。花には香りのよい蜜(みつ)があり、重要な蜜源植物である。材は合板、彫刻材、箱材などにする。樹皮から繊維をとり、布、縄、蚊帳(かや)、漁網などにする。科木は当て字で、シナノキはアイヌ語で「結ぶ、縛る」という意味のシナに由来するという。
 シナノキ属は北半球の温帯に30種あり、欧米では古くから並木として栽培され、詩歌にもよく歌われる。属名のTiliaは繊維を意味するギリシア語tilosによる。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシナノキの言及

【榀布】より

…科布,志奈布とも書く。シナノキの皮をはいで細くさいて糸につむぎ,これをいざり機(地機)で織った布。通常〈まだ布〉とか〈まんだ布〉とかいわれ,茶褐色の自然色をもつ,強い粗い感じの布である。…

【信濃布】より

…信濃で生産された布。信濃の語源は一説にはシナノキにちなんだものといわれるように,古代の信濃にはシナノキがたくさん自生していたのであろう。信濃布というのは本来このシナノキの繊維からつくる粗くて丈夫な布(榀布(しなぬの))であるが,そのほか信濃では畠に栽培する麻や苧(からむし)からつくる高級の布も生産されていた。…

【ボダイジュ(菩提樹)】より

…寺院などに多く植栽されるシナノキ科の落葉高木(イラスト)。中国大陸から朝鮮半島に分布し,日本には天台山のものを禅宗を伝えた栄西が12世紀にもたらしたといわれている。…

※「シナノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シナノキの関連キーワードボダイジュ(菩提樹)オオバボダイジュリンデンバウムモロヘイヤ大葉菩提樹羽越しな布夏菩提樹ジュート西洋科樹早坂高原烏の胡麻冬菩提樹信濃布科の木篦の木大科木菩提樹五菜葉羅氈草鉄引緒

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android