コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスジェニック動物 トランスジェニックドウブツ

3件 の用語解説(トランスジェニック動物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トランスジェニック‐どうぶつ【トランスジェニック動物】

transgenic animal》その動物のではない、外来の遺伝子を組み込まれ、育てられた動物。人工的に操作した遺伝子を組み込み、特定の遺伝子がはたらかないようにして、その遺伝子のもっていた役割を調べるノックアウトマウスが有名。遺伝子導入動物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランスジェニック動物
とらんすじぇにっくどうぶつ
transgenic animal

ほかの生物の遺伝子を人為的方法によって導入したり、遺伝子を組み換えて作出された動物。成長ホルモン遺伝子を導入して通常のマウスの2倍に成長させたスーパーマウスはよく知られているが、トランスジェニック動物は医学・生物学など広範囲研究・開発分野で利用されている。代表例としては、認知症や遺伝病の発症の仕組みの解明や、新薬開発、薬のスクリーニングへの利用を目的とした疾患モデル動物、また遺伝子の導入によって乳汁中にヒト血清アルブミンなどの有用タンパク質を生産させる動物工場用のウシやブタなどがある。さらにトランスジェニック動物には、特定の遺伝子を欠損(破壊)させて機能を発現しないようにしたノックアウト動物主としてノックアウトマウス)も含まれる。通常のマウスと比較することで、破壊された遺伝子の機能や働きが明らかになる。また目的の遺伝子にクラゲホタルの発光遺伝子を連結して導入することで、遺伝子の働きをより明確に理解する手法も導入されている。[飯野和美]
『山村研一・勝木元也・相沢慎一・中辻憲夫編『トランスジェニック動物』(1997・共立出版) ▽結城惇著『トランスジェニック動物の開発』普及版(2001・シーエムシー) ▽東条英昭著『トランスジェニック動物』(2004・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トランスジェニック動物の関連キーワードウェルカムアニマルヒト臓器での薬研究CAPPIFAWALF内臓摘出家畜衛生条件 (Animal Health Requirement)障害者乗馬療法 (hippotherapy , horse back riding therapy)動物性タンパク質飼料 (animal protein feeds)アニマルエッセンシャル

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トランスジェニック動物の関連情報