コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスバール共和国 トランスバールきょうわこく

2件 の用語解説(トランスバール共和国の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

トランスバールきょうわこく【トランスバール共和国】

〔Transvaal〕 1852年ボーア人が南アフリカのバール川の北に建てた国。首都プレトリア。金鉱が発見されると、イギリスが侵略したため南アフリカ戦争となり、1902年敗れてオレンジ自由国と共にイギリスに併合され、10年南アフリカ連邦の成立の際にその一州となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トランスバールきょうわこく【トランスバール共和国】

1910年の南アフリカ連邦成立以前のボーア人共和国の一つ。正称は南アフリカ共和国。現在は南ア共和国北東部のトランスバールTransvaal州となっている。1835年からのボーア人の内陸への大移動(グレート・トレック)の結果,バール川以北にボーア人の自治国が建国され,イギリス政府も52年のサンドリバー協定によってこれを承認,M.プレトリウスが初代大統領となった。海への出口を持たない同国の財政は苦しく,政治的安定を欠いていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トランスバール共和国の関連キーワードブリンクアフリカーンス語スマッツ南アフリカ戦争アフリカーナー国民党南ア戦争南ア連邦南アフリカ連邦ローデシア・ニヤサランド連邦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone