コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリトニア トリトニア Tritonia; Tritonia blazing star

4件 の用語解説(トリトニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリトニア
トリトニア
Tritonia; Tritonia blazing star

アヤメ科の多年草南アフリカに 40~50種知られているが,花壇や切り花用に栽培されるものもある。葉は線形または剣状で基部は鞘となる。花は円錐状穂状花序につき,6個の花被片は下部は筒状に,上部は鐘状に広がり,淡紅色,黄色,黄褐色,赤色,白色などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリトニア

主として南アフリカ原産のアヤメ科の一属で,約50種がある。春咲き球根植物。一般に多く栽培されるのはトリトニア・クロカタとその園芸品種である。長さ20cm,幅2cmほどの剣状の葉を4〜6枚多少扇形に開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トリトニア【Tritonia】

アヤメ科の秋植えの半耐寒性小球根植物。ヒメトウショウブ属Tritoniaは南アフリカを中心に約50種ほどの原種が分化し,その大半が直立性のフリージアのような植物で,切花用,鉢用として利用される。日本では,まだ少数種しか導入されていない。アカバナヒメアヤメT.crocata (L.) Ker.‐Gawl.はフリージアによく似た草形で,高さ約45cmの花茎に,5~6月,7~9花を総状につける。花は下部は筒状,上部半分は6弁となって展開し,上向きに咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリトニア
とりとにあ
[学]Tritonia

アヤメ科の秋植え球根草。秋のうちに剣状の葉を数枚つける。5~6月、30~50センチメートルの花茎を出し、フリージアに似た花を8、9個穂状につける。芳香はないが、切り花や鉢植えに向く。南アフリカ原産。クロカタ種T. crocata Ker-Gawlはアカバナヒメアヤメともいい、約45センチメートルの花茎に7~9個の花を開く。品種に濃橙(のうとう)色のインコンパラビル、白色のホワイト・ビューティ、桃色のローザリンなどがある。ヒアリナ種T. hyalina Bakerはクロカタに似た花姿で、淡橙色花を開く。繁殖は分球により、10月ころ植え付ける。暖地では露地で越冬するが、中部地方以北では鉢植えにし、フレーム内か室内の窓辺で栽培する。夏に葉が枯れたら球根を掘り上げ、乾燥して貯蔵する。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリトニアの関連キーワードバビアナフリージアオーニソガラムスパラクシスラケナリア秋植えダッチアイリスミニシクラメンワトソニアヒメヒオウギ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone