コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルートンの法則 Trouton's law

世界大百科事典 第2版の解説

トルートンのほうそく【トルートンの法則】

沸点Tb(絶対温度)における純液体1molの蒸発熱を⊿vapHとするとき,⊿vapH/Tb=88J/K・molの関係が多くの液体に対して成立するという法則。イギリスのトルートンF.T.Trouton(1863‐1922)が発見した実験法則である。クリプトンのような単原子分子,ベンゼンのような多原子分子など,構成分子の種類にかかわらず,近似的にせよこの関係が成立することは,液体→蒸気という蒸発過程が分子論的な,ある普遍的意味をもつことを示し,液体中での分子運動に一つのモデルを導くことを可能にする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トルートンの法則の関連キーワードヒルデブランドの法則ワルテンベルクの式蒸発熱規則

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android