コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンガ海溝 トンガかいこう Tonga Trench

4件 の用語解説(トンガ海溝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンガ海溝
トンガかいこう
Tonga Trench

南太平洋,トンガ諸島南方からその東側を北北東に走り,サモア諸島の南にいたる海溝。水深は大部分 6000m以上を占め,全長 1400km,最深部は1万 882mに達する。 1895年イギリス船『ペンギン』号が発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トンガ‐かいこう【トンガ海溝】

南太平洋トンガ諸島の東方を南北にのびる海溝。最深部1万800メートル。南にあるケルマデック海溝とあわせて、トンガケルマデック海溝ともよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トンガ海溝【トンガかいこう】

トンガ諸島東方の海溝。活火山深発地震帯を伴う。ほぼ直線的に南北に走るが,北端はサモア諸島南方で鉤(かぎ)状に曲がり,南端は南緯26°付近。南端でいったん浅くなるが,さらに南のケルマデク海溝(ケルマデク諸島)に続く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンガ海溝
とんがかいこう
Tonga Trench

南太平洋トンガ諸島の東、南緯15度付近より南緯26度付近に達する南北に連なる海溝。その南にあるケルマデックの海溝とあわせトンガ・ケルマデック海溝ともよばれる。太平洋プレートが、インドオーストラリアプレートの下に沈み込むところに形成されたもので、深さは6000メートルを超える。最深点は、1957年ソ連の海洋観測船ビチャージ号により音響測深法で測定された1万0812メートルであり、ここはビチャージ海淵(かいえん)とよばれる。トンガ・ケルマデック海溝は、海洋底拡大説の進展に伴い海洋地球物理学的に、またストンメルが1957年に提唱した深層循環に関連し海洋物理学的に注目されている。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトンガ海溝の言及

【トンガ】より

…太平洋の深い海底から隆起しているこの山脈は,西側ではトフア,ラテなどの高い島となって海面上にそびえるが,東側ではそれより低く,山頂をサンゴ礁が覆っている。さらにその東側は急速に落ち込み,水深1万mに及ぶトンガ海溝を形成している。島の数は150以上に及ぶが,人の住んでいる島は36で,ほとんど東側に属している。…

※「トンガ海溝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トンガ海溝の関連キーワード深発地震島弧フィリピン海溝浅発地震和達ベニオフ面環太平洋地震帯深発地震帯深発地震面和達=ベニオフ帯二重深発地震面

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トンガ海溝の関連情報