トンガ海溝(読み)トンガかいこう(英語表記)Tonga Trench

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンガ海溝
トンガかいこう
Tonga Trench

太平洋トンガ諸島南方からその東側北北東に走り,サモア諸島の南にいたる海溝水深大部分 6000m以上を占め,全長 1400km,最深部は1万 882mに達する。 1895年イギリス船『ペンギン』号が発見した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トンガ海溝【トンガかいこう】

トンガ諸島東方の海溝。活火山,深発地震帯を伴う。ほぼ直線的に南北に走るが,北端はサモア諸島南方で鉤(かぎ)状に曲がり,南端は南緯26°付近。南端でいったん浅くなるが,さらに南のケルマデク海溝(ケルマデク諸島)に続く。最深所は1957年ソ連のビーチャジ号が発見した南緯23°15.3,西経174°44.7の1万880m。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンガ海溝
とんがかいこう
Tonga Trench

南太平洋トンガ諸島の東、南緯15度付近より南緯26度付近に達する南北に連なる海溝。その南にあるケルマデックの海溝とあわせトンガ・ケルマデック海溝ともよばれる。太平洋プレートが、インド・オーストラリアプレートの下に沈み込むところに形成されたもので、深さは6000メートルを超える。最深点は、1957年ソ連の海洋観測船ビチャージ号により音響測深法で測定された1万0812メートルであり、ここはビチャージ海淵(かいえん)とよばれる。トンガ・ケルマデック海溝は、海洋底拡大説の進展に伴い海洋地球物理学的に、またストンメルが1957年に提唱した深層循環に関連し海洋物理学的に注目されている。[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトンガ海溝の言及

【トンガ】より

…太平洋の深い海底から隆起しているこの山脈は,西側ではトフア,ラテなどの高い島となって海面上にそびえるが,東側ではそれより低く,山頂をサンゴ礁が覆っている。さらにその東側は急速に落ち込み,水深1万mに及ぶトンガ海溝を形成している。島の数は150以上に及ぶが,人の住んでいる島は36で,ほとんど東側に属している。…

※「トンガ海溝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android