コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深層循環 しんそうじゅんかん abyssal circulation

2件 の用語解説(深層循環の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深層循環
しんそうじゅんかん
abyssal circulation

主水温躍層以深の深海の海流系。世界の大洋の深層循環モデルは 1958年 H.ストンメルによって提唱された。海水の温度・塩分・溶存酸素量の特性から,深層水はグリーンランド周辺と南極のウェッデル海でしか形成されないことが分かっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんそう‐じゅんかん〔‐ジユンクワン〕【深層循環】

海洋の深層流に見られる地球規模の循環。大洋をまたいで移動して表層流になり、ふたたび深層流となる。高緯度海域において、海水の温度と塩分濃度の変化によって駆動する熱塩循環によって生じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の深層循環の言及

【海洋大循環】より

…これを風成大循環wind‐driven circulation理論という。 ところが,後になって海の表層における大循環のみならず,潜流や深層循環まで含めて現実の海洋を表現するために,海水の鉛直方向の運動を合わせて考慮に入れることが必要となってきた。この場合,重要な役割を果たすのは海水の密度分布とその変化であり,海水の密度を決めるのはおもに温度(熱)と塩分と考えられるから,上記の風成大循環理論とは全く違った観点から大循環の成因を追求することになる。…

※「深層循環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

深層循環の関連キーワード水温躍層躍層五大洋深海温度躍層西部亜寒帯循環主水温躍層季節躍層塩分躍層密度躍層