コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トートレーベン トートレーベンTotleben(Todleben), Eduard Ivanovich

2件 の用語解説(トートレーベンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トートレーベン
トートレーベン
Totleben(Todleben), Eduard Ivanovich

[生]1818.5.20. ミタワ
[没]1884.7.1. ゾーデン
ロシアの軍人,将軍,貴族。リトアニア (リトワ) のドイツ人移民の出身。技術将校としてロシア陸軍に入り,1845~51年カフカズ (コーカサス) 戦線に従軍。クリミヤ戦争 (1853~56) のとき,セバストポリ要塞の工事の指揮にあたり,イギリスフランス連合軍の攻撃を遅延させたが,55年重傷を負って前線を退く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トートレーベン
とーとれーべん
Эдуард Иванович Тотлебен Eduard Ivanovich Totleben
(1818―1884)

ロシアの軍人。侍従武官長、工兵大将、伯爵。1836年に工兵士官となる。クリミア戦争においてセバストポリ要塞(ようさい)工事を指揮し、その防衛に寄与した。その後、工兵総監としてロシア工兵軍を統轄し、国境防衛体制の確立に貢献した。ロシア・トルコ戦争(1877~78)には、プレブナ要塞を陥落させ、ベルリン講和条約締結までバルカン遠征軍を指揮した。79年以降は、国家評議会委員、国境諸県の総督。その工兵将校としての活動は、F・エンゲルスなどの高い評価を得た。[栗生沢猛夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トートレーベンの関連キーワード梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席ねぶた祭松浦武四郎アッカーマン機構

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone