コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォンタネージ Fontanesi, Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォンタネージ
Fontanesi, Antonio

[生]1818.2.23. レッジョエミリア
[没]1882.4.17. トリノ
イタリアの画家。 1832年レッジョの市立美術学校に入学。 1847年第1次イタリア独立戦争に参加し,除隊後ジュネーブに住む。しばしばヨーロッパ各地を旅行して新しい絵画思潮に触れたが,ことに 1855年のフランス旅行で発見したバルビゾン派の自然描写と,1865~66年のロンドン滞在中に見たターナーとコンスタブルの光の表現に強い影響を受け,光の微妙な効果をとらえた自然描写のうちに,繊細な詩情を漂わせる独特の画風を確立。 1866年イタリアへ帰り,1868年ルッカの美術学校校長兼教授,1869年トリノのアルベルティーナ美術学校風景画教授。 1876年官設の工部美術学校の創立に際し,明治政府に招かれ,1878年まで日本で教鞭をとった。わずか2年間の滞在であったが,浅井忠小山正太郎松岡寿ら多くの画家を育て,日本の洋画の発展に尽くした。 1879年アルベルティーナ美術学校教授に復職したが,健康を害し4年後に没した。主要作品『徒渉』 (1861) ,『十月の朝』 (1862,ローマ国立近代美術館) ,『嵐の前』 (1874) ,『春の太陽』 (1875~76) ,『サン・マウロのポー河の夕暮』 (1880~81,トリノ市立近代美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フォンタネージ

イタリアの風景画家。1848年イタリア統一運動に参加後,1850年からスイス,フランス,英国に遊学し,ドービニーらと親交を結んだ。1869年トリノの王立美術学校教授となり,1876年日本の工部美術学校の創設時に招かれて来日。
→関連項目五姓田芳柳千葉県立美術館山本芳翠

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

フォンタネージ Fontanesi, Antonio

1818-1882 イタリアの画家。
1818年2月23日生まれ。トリノの王立美術学校教授。明治9年(1876)工部美術学校の教師として来日。浅井忠(ちゅう),小山正太郎らをそだてた。11年帰国。1882年4月17日死去。64歳。レッジョ-ネレミリア出身。滞日中の作品に「不忍(しのばずの)池」「牧牛」などがある。
格言など】天然を師とせよ(帰国にあたり学生にのこした言葉)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

フォンタネージ

没年:1882.4.17(1882.4.17)
生年:1818.2.23
明治期に来日したイタリア人画家。工部美術学校画学教師。北イタリアのレッジョ・エミリア生まれ。レッジョの市立美術学校に学び,イタリア統一運動に参加。1849年以後スイス,フランスを旅行し,55年のパリ万国博でバルビゾン派を知り,のちドービニーらと交友し同派の画風を摂取,またイギリス風景画派にも学んだ。68年からルッカ,トリノの美術学校で教える。明治8(1875)年日本政府の画学教師応募に選任され翌年来日,同年創設の工部美術学校の画学教師となる。2年間の滞日中,日本では最初の正則な西洋画法の教授法を導入し,明治初期洋画を飛躍的に進展させた。また,すぐれた人格,識見で生徒に慕われた。その作風を最もよく摂取した浅井忠をはじめ,小山正太郎,松岡寿ら明治洋画を代表する洋画家たちを育てる。健康を害し明治11年教師を辞任,同年末トリノへ帰り美術学校に復職した。来日中の作品に「牧牛」「不忍池」など。トリノで没。

(三輪英夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォンタネージ【Antonio Fontanesi】

1818‐82
イタリアの画家。レッジォ・エミリアに生まれる。同地の美術学校で地方画家のプロスペロ・ミンゲッティに学び,1848年トリノへ出てイタリア独立戦争に参加。除隊後はスイスに滞在するが,55年のパリ万国博覧会を機にパリへ出て,コローやテオドール・ルソーらバルビゾン派の画家たちの作品に親しみ,またラビエAuguste Ravierをはじめリヨン派の画家とも親交を結ぶ。各地に旅行して制作。風景画のなかにロマン主義の精神によって高揚された生命感を導入。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フォンタネージ【Antonio Fontanesi】

1818~1882) イタリアの画家。1876年(明治9)に来日、工部美術学校で初めて正式な洋画を教えた。バルビゾン派の影響を受けた風景画を得意とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォンタネージ
ふぉんたねーじ
Antonio Fontanesi
(1818―1882)

イタリアの画家。明治時代に来日して日本洋画の育成に貢献した。北イタリアに生まれる。郷里のレッジョ美術学校卒業後、フランス、イギリスなどヨーロッパ各地を遊学した。バルビゾン派風の風景画に一家をなし、1868年ルッカ美術学校校長、翌年には王立トリノ美術学校教授に進んだ。76年(明治9)日本政府に招かれて工部美術学校画学科の教師に就任。その本格的な西洋画法の伝授は、浅井忠(ちゅう)、小山(こやま)正太郎、松岡寿(ひさし)、山本芳翠(ほうすい)、五姓田義松(ごせだよしまつ)、中丸精十郎ら、初期洋画壇の多くの俊秀を育てた。病を得て78年辞職して帰国、トリノに没。『不忍池(しのばずのいけ)』(東京国立博物館)、『牧牛図』(東京芸術大学)などがある。[小林 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフォンタネージの言及

【明治・大正時代美術】より

…高橋はここで油絵,水彩画の実技指導を受ける。さらに76年新政府が西欧の科学技術摂取のために置いた工部大学校(東京大学工学部の前身)には,付属して工部美術学校が開設されたが,その主任教授として来日したイタリア人風景画家A.フォンタネージの教示を受けるようになって,高橋の画技は急速に進んだ。高橋はその代表作《鮭》《なまり節》(ともに1877)など,日常生活の身近な事物を題材として,また遠近法や明暗法をとり入れた《浅草遠望》(1878),《不忍池》(1880)などの風景画によって,写実主義を移植し,天絵楼(てんかいろう)画塾を開いて後進を指導した。…

※「フォンタネージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フォンタネージの関連キーワードサン・ジョヴァンニカッペレッティ小山 正太郎五姓田 義松守住 勇魚中丸精十郎印藤 真楯五姓田義松岡村 政子彭城 貞徳田中美代治松岡 寿高橋由一浅井 忠ラグーザ守住勇魚岡村政子山下りん藤 雅三印藤真楯

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android