トールフェスク(読み)とーるふぇすく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トールフェスク
とーるふぇすく
tall fescue
[学]Festuca arundinacea Schr.

イネ科の多年草。ヨーロッパ原産で、日本には明治初年に牧草としてアメリカから導入された。ウシノケグサに近縁で、より大形であるため、和名をオニウシノケグサという。高さ0.5~1.5メートルとなり、葉は長さ10~60センチメートル。初夏に穂を出す。幅広く深い根系が発達し、地下茎で増殖するので乾燥に強く、また耐寒性もあり環境への適応力がきわめて強い。北海道から九州まで、おもに放牧地で栽培されており、クローバー類やアルファルファなどといっしょに植えられる。品種のうちとくに著名なケンタッキー31フェスクは日本での本種のほとんどを占めている。ほかにアルタ、ゴアールなどの品種があるが、日本では普及していない。
 やせ地でもよく育ち、芝地を形成するので土壌侵食防止に多く用いられ、造成地斜面や道路法面(のりめん)などの保護に用いられる。反面、各地で野生化し、農地や庭園、緑地などではやっかいな雑草にもなっている。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトールフェスクの言及

【フェスク】より

…重要な牧草あるいは芝草として利用されるものが多い。 トールフェスクF.arundinacea Schreb.(英名tall fescue,tall meadow fescue)は和名をオニウシノケグサといい,ヨーロッパ原産の多年草。夏に穂を出し,草丈50~150cmになる。…

※「トールフェスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android