コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウォーキン Dworkin, Andrea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドウォーキン
Dworkin, Andrea

[生]1946.9.26. ニュージャージー,カムデン
[没]2005.4.9. ワシントンD.C.
アメリカ合衆国のフェミニスト作家,活動家。女性解放運動に携わり,男性の女性に対する暴力や女性の男性に対する服従などからの解放に尽力した(→フェミニズム)。反ポルノグラフィー運動で最もよく知られる。進歩的な家庭に生まれ,1968年ベニントン・カレッジを卒業。在学中はベトナム戦争に反対する学生デモに参加した。1983年にフェミニスト法学者キャサリン・A.マッキノンと,ポルノグラフィーは女性の公民権を侵害するものだと定義する条例案を起草し,一部の都市の議会に提出したが不成立に終わった。常に論議を巻き起こし,往々にして誤解された。"Woman Hating: A Radical Look at Sexuality"(1974),『ポルノグラフィと性差別』Pornography and Civil Rights: A New Day for Women's Equality(1988,キャサリン・A.マッキノンと共著),『ドウォーキン自伝』Heartbreak: The Political Memoir of a Feminist Militant(2002)などの著書がある。『スケープゴート ユダヤ人・イスラエル・ウーマンリブ』Scapegoat: The Jews, Israel, and Women's Liberation(2000)で全米図書賞を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドウォーキンの関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android