コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベトナム戦争 ベトナムせんそうVietnam War

翻訳|Vietnam War

7件 の用語解説(ベトナム戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベトナム戦争
ベトナムせんそう
Vietnam War

広義には第2次世界大戦ベトナムで行なわれた戦争をさす(→インドシナ戦争)。狭義には 1964年のトンキン湾事件以後アメリカ合衆国が大規模に介入し,1973年のパリ和平協定を経て 1975年のベトナム民主共和国北ベトナム)と南ベトナム解放民族戦線(解放戦線)の勝利によって終わった,いわゆる第2次インドシナ戦争をさす。1954年のジュネーブ協定によってベトナムが南北に分断されたのち,アメリカベトナム共和国(南ベトナム)の初代大統領ゴ・ジン・ジェムを軍事的,経済的に支えようとしたのは,アジアにおける共産主義の蔓延(→ドミノ理論)を危惧したからにほかならない。1960年に南ベトナムで共産主義勢力などに支援された解放戦線が組織されると,アメリカのジョン・F.ケネディ大統領は南ベトナムへのてこ入れを強化した。1963年11月,ゴ・ジン・ジェム大統領がアメリカの黙認するクーデターで暗殺され,その後も南ベトナムの政情は安定せず,解放戦線の利するところとなった。
1964年8月,トンキン湾でアメリカの艦艇が攻撃されるトンキン湾事件が起こり,アメリカ議会はほぼ全会一致で戦争拡大の権限をリンドン・B.ジョンソン大統領に付与した。解放戦線は兵力を増強して活動を強め,一方の南ベトナム政府軍は 40万もの兵力を擁しながら解放戦線を自力で制圧できなかった。1965年以降,アメリカは地上兵力でも介入を急速に拡大させた。ウィリアム・C.ウェストモーランド司令官の再三の要請によって,1966年9月には駐留アメリカ軍兵力が 32万5000に拡大した。もはやアメリカにとってベトナム介入は,南ベトナム国家の防衛だけではなく,非共産主義・自由世界の盟主としての面子にもかかわる事態となった。両軍の地上での戦術は,アメリカ軍が優勢な火力とヘリコプタとによる目標地点での急速展開,これに解放戦線はゲリラ戦で対抗した。
1968年1月31日,解放戦線側が大攻勢をかけた(→テト攻勢)。南ベトナムの 34省都と 64地方都市を攻撃,戦闘は首都サイゴン(→ホーチミン市)とフエで熾烈をきわめた。この攻勢で解放戦線は甚大な損害(戦死者 4万)を被ったが,アメリカ軍と南ベトナム政府軍も大打撃を受けた。このあと南ベトナムでの解放戦線側の主力はホー・チ・ミン・ルートを南下した北ベトナム正規軍となった。ラオス領とカンボジア領のベトナム国境地帯を通るこのルートが戦争中一貫して北ベトナムの浸透を支えてきた。テト攻勢は戦略上重要な成果をもたらした。アメリカの世論に反戦と脱エスカレーションの気運を醸成し,ジョンソン大統領は同 1968年3月ウェストモーランド司令官を解任するとともに,大統領選挙への再選不出馬を表明した。
1969年1月,リチャード・M.ニクソン新大統領は 2万5000のアメリカ兵の撤退を表明,戦争を南ベトナムにゆだねる「ベトナム化」に着手した。同年以後,地上戦闘は徐々に南ベトナム軍に移管され,アメリカ軍は北ベトナム港湾の機雷封鎖と爆撃(北爆)を担った。アメリカ軍兵力は 1969年1月には 54万9000に達していたが,1970年 33万5000,1971年末 16万に縮小し,1973年3月末には南ベトナムからの撤収を完了した。1969年から和平交渉が正式に始まり(→ベトナム和平会談),1973年1月27日にパリ和平協定が調印された。しかし,協定締結後も南北間で戦闘は続いた。1975年3月,北ベトナムは中部高地で総攻撃を開始,南ベトナム政府軍は大混乱に陥って潰走した。同 1975年4月30日,北ベトナム軍を主力とする解放勢力の戦車隊がサイゴンに無血入城し,戦争に終止符が打たれた。戦争による人的損害は,兵士の死者がアメリカ 5万8200人(カナダ人 100を含む),南ベトナム 20万~25万人,北ベトナムと解放戦線約 110万人。南北ベトナムで約 200万人の民間人が死亡。南ベトナム側で参戦した外国軍の死者は大韓民国(韓国)4000人以上,オーストラリア 500人以上,タイ約 350人,ニュージーランド約 30人。(→ベトナム史

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

ベトナム戦争

「革命と戦争の世紀」20世紀後半のハイライト。1973年、アジアの小国が圧倒的な軍事力を持つ米軍を「敗退」させ、75年に悲願の民族統一を実現。だが、旧資本主義の南部において急速な社会主義化を進めたため、多くの国民が海路で国外に脱出した(ボート・ピープル)。東アジアの冷戦は米中間の対立を軸に展開したが、米国は共産主義からの軍事的脅威の最前線としてベトナムをみた(ドミノ理論)。54年、ディエンビエンフーで敗れたフランスに代わり、米国がベトナムに介入した。59年から60年にかけて、南ベトナムで始まった米国及びゴ・ディン・ジェム政権に対する武装闘争は、60年12月の南ベトナム解放民族戦線の結成を機に、政府軍との本格的交戦に突入した。ケネディ米大統領(当時)は特殊部隊4000人の派遣を決定、その後も漸次増強させた。ケネディ暗殺後、米大統領に就任したジョンソンは64年8月、トンキン湾での米艦艇に対する北ベトナム軍の攻撃(トンキン湾事件)を利用して米議会の戦争拡大支持を取り付け、翌年2月7日、17度線北方のドンホイ爆撃をもって北ベトナム爆撃(北爆)に踏み切り、最大54万人の兵力を南部に投入。だが北爆も功を奏さなかったばかりか、68年1〜2月に南ベトナム全土での解放勢力による一斉攻勢(テト攻勢)で大打撃を被ってからは、米軍は都市防衛に釘付けにされた。守勢に立たされた米国は、世界的規模の反戦運動の圧力にも押され、68年10月に北爆全面停止を宣言、翌年から撤兵を開始。米軍の援助を失った南ベトナム軍はやがて瓦解、75年4月30日、ズオン・バン・ミン大統領は首都攻略を目指す解放勢力の軍事作戦(ホー・チ・ミン作戦)の前に無条件降伏した。南ベトナム解放民族戦線、北ベトナム側兵員の犠牲者は110万人に上る。

(片山裕 神戸大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ベトナム戦争

第2次世界大戦後の冷戦下、インドシナ半島の旧フランス植民地で起きた戦争。親米のベトナム共和国(南ベトナム)の独裁政権打倒をめざして1960年12月、南ベトナム解放民族戦線が結成され、共産主義のベトナム民主共和国(北ベトナム)が支援した。米軍は65年2月から国境を越えて北ベトナムに大規模な空爆(北爆)を開始。73年1月に米軍の撤退を主内容とするパリ協定が調印され、南ベトナム政府は75年4月に無条件降伏。ベトナム人の犠牲者は軍民合わせて120万~170万人という推計がある。

(2016-02-06 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベトナム‐せんそう〔‐センサウ〕【ベトナム戦争】

ベトナムの統一をめぐる戦争。1960年に結成された南ベトナム解放民族戦線が、1961年、北ベトナムの支援のもとに南ベトナム政府に対して本格的な抗争を開始し、1969年には臨時革命政府を樹立。その間、1963年にはアメリカが全面的に軍事介入したが、1973年の和平協定により撤退。1975年、サイゴンが陥落して南ベトナム政府は崩壊。1976年、南北ベトナムの統一が実現した。第二次インドシナ戦争。→インドシナ戦争

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ベトナムせんそう【ベトナム戦争】

ベトナムの独立と統一をめぐる戦争。1960年結成の南ベトナム解放民族戦線は、北ベトナムの支援のもとに、南ベトナム軍およびこれを支援するアメリカ軍と戦い、69年臨時革命政府を樹立。73年和平協定が成立しアメリカ軍が撤退、75年南ベトナム政府が崩壊、翌年に南北が統一された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベトナム戦争
べとなむせんそう

アメリカとサイゴン政権を一方とし、北ベトナムと南ベトナム解放民族戦線を他方として、十余年にわたり、第二次世界大戦後最大の規模で戦われ、戦後秩序の変容を促した大きな戦争。[丸山静雄]

戦争の始期と終期

それだけ大きな戦いであるのに、この戦争はいつから始まったのか、いつ終わったのか、なんとよぶのか、などに関してさまざまの意見がある。始期には次の4説がある。〔1〕ジュネーブ協定(1954)調印直後説―アメリカのベトナム介入はジュネーブ協定に違反して行われたとして、同協定の締結直後をもってアメリカの侵略戦争が開始されたとするもので、もっぱら北ベトナムによって主張された。〔2〕1959年説―ゴ・ジン・ジエム政権の警察政治に対するベトミン系の復員軍人、一般知識人らによる南ベトナム内の抵抗は1957年から個人的テロの形で行われるが、59年になると、それが組織化され、集団規模のゲリラ闘争として展開される。当初、北ベトナム政府は南ベトナム内の反乱活動に対して傍観的だったが、1959年5月の第15回労働党中央委員会において、これを支持することを決定し、それ以降、南の旧ベトミン派への援助物資の送り出し、ホー・チ・ミン・ルートの建設に着手した。南の反乱形態が個人的テロから集団的ゲリラに拡大されるのは北の支援があったからであろう。これはベトナム戦争を北ベトナム政府のイニシアティブによる民族解放闘争、革命戦争として、59年をもって戦争の始期とみなす説である。〔3〕1960年説―南ベトナム解放民族戦線はこの年設立され、それ以降、解放戦線の抵抗は公然と展開される。〔4〕1961年説―アメリカの軍事行動が戦争といえるような形態をとるのはケネディ政権の「特殊戦争」からで、したがって一般にこれを戦争の始期とするものが多い。アメリカ政府は61年1月1日を起算日としてベトナム派遣軍人や、その遺家族に対する諸手当の支給を算出しているようである。
 戦争が終結した時期についても、〔1〕和平協定が調印された1973年1月27日(発効は1月28日)、〔2〕アメリカがその軍隊の南ベトナムからの撤退を終わり、ニクソン大統領が戦争終結の宣言を出す73年3月29日、〔3〕ホー・チ・ミン作戦によってサイゴンが解放される75年4月30日、の三つの見方がある。したがって戦争継続期間は、ジュネーブ協定からサイゴン解放までとすれば約21年となる。
 戦争の呼称についてはベトナム戦争、第二次ベトナム戦争(フランスとのインドシナ戦争を第一次ベトナム戦争とみた場合)、第二次インドシナ戦争などがあるが、ベトナム戦争が一般的な呼称となっている。ベトナムはベトナム戦争をアメリカの帝国主義戦争、新植民地主義戦争に対するベトナム民族の「反米救国戦争」「抗米救国戦争」とよんでいる。[丸山静雄]

戦争の規模

アメリカはベトナム戦争を戦うために延べ260万の兵力を派遣し、南ベトナム駐留の米軍は最高時には54万9500人に達した。アメリカ以外の参戦国軍の兵力は最高時には6万人を超え、サイゴン政府軍も最高時には118万人を上回った。これに対し北ベトナムと南ベトナム解放民族戦線の兵力は最高時には31万人に上った(ほかに南の政治勢力は157万人)。
 戦争の犠牲者はアメリカ陣営が戦死者22万5000(推定。アメリカ軍の戦死者は5万7939)、負傷者75万2000(推定)、北ベトナム・解放戦線側が戦死者97万6700(推定)、負傷者130万(推定)だった。
 ベトナム戦争は戦争の全般的な規模でこそ第一次、第二次両大戦に劣るとはいえ、動員兵力、死傷者数、航空機の損失、使用弾薬量、戦費では第一次大戦のそれを上回り、使用弾薬量、投下爆弾量では第二次大戦のそれをはるかに超えた。史上最大の破壊戦争であった。[丸山静雄]

戦争の経過

戦争は大きく3期に分けることができる。
 第一期は1967年末まで、アメリカが兵力を増派して、さまざまの作戦を展開、また北爆を強化、サイゴン政権を育成するなど、だいたいにおいて戦争の指導権を握る段階である。アイゼンハワー政権(1953.1~61.1)の警察戦争、ケネディ政権(1961.1~63.11)の特殊戦争、ジョンソン政権(1963.11~69.1)前期の局地戦争が行われる時期に相当する。
 警察戦争とは、アメリカの役割を軍事援助、経済援助の枠内に抑え、もっぱらサイゴン政権の警察行動によって解放勢力の活動を抑え込もうとしたもの。特殊戦争とは特殊部隊による戦争の形態をいう。特殊部隊とは現代版の忍者部隊で、ゲリラ戦、秘密戦(情報収集、宣伝、破壊活動)専門の部隊をいう。民族解放戦争はゲリラ戦によって戦われるとの判断から、ケネディ大統領がアメリカ国内でこうした部隊を養成し、南ベトナムに派遣したのが始まりである。アメリカの特殊部隊はサイゴン政府軍の特殊部隊を育成し、それとともに「ベトコン」(南ベトナム解放民族戦線)を相手にゲリラ戦、秘密戦を行った。また農民と農村の再編に手をつけた。それが戦略村計画をはじめとする一連の農村平定計画であった。戦略村計画は村落を解放勢力の影響範囲から切り離そうとするもので、村落を戦略地点に再配置し、水路、壕(ごう)、鉄条網、竹矢来で囲んだ。それによって、解放勢力が村落を補給・情報・休養基地として利用するのを防止し、解放勢力を孤立化させようとした。局地戦争とは、アメリカの地上部隊が南ベトナム内で通常兵器によって解放勢力と戦うことをいう。兵器、戦場を制限し、そうした制限内で行われる通常戦争である(核兵器は使用しない、戦場は南ベトナム内に限定する)。この局地戦争をアメリカは索敵撃滅戦法と北爆をもって戦った。索敵撃滅戦法とは、解放勢力の中核部隊(正規軍)を探し出し、追い詰めて捕捉(ほそく)撃滅しようというもの。中核部隊さえつぶせば、地方軍や民兵は自然に消滅するという考え方に基づいてとられた戦法である。北爆は戦場を北ベトナムに拡大するもので、地上部隊の戦場こそ南ベトナム内に限定されていたものの、空軍に関しては早くも限定論が無視され、戦争のエスカレーションがなし崩しに進行することになる。そこでジョンソン大統領は戦争権限を得て、これを戦おうとした。それが1964年8月のトンキン湾事件である。トンキン湾事件とは、アメリカの駆逐艦が北ベトナムの魚雷艇に攻撃されたとして、これに反撃するとともにアメリカが空軍をもって北ベトナムの海軍基地、石油貯蔵所を爆撃した事件である。しかし、のちにこれはアメリカ側によって意識的につくりあげられたなかば架空の事件だったことが明らかになった。ともかく、この事件を契機にジョンソンは議会の決議で戦争権限を獲得した。それ以降、ジョンソン大統領は戦争遂行の権限が大統領に全面的に与えられたとの立場をとり、65年2月から北爆を大々的に開始し、南の地上兵力も急ピッチで増強し、本格的な「アメリカの戦争」とした。
 戦争の第二期は、1968年1月、テト攻勢によって北ベトナム・解放勢力が戦争の指導権を奪還、激しい戦闘の間にアメリカ軍の撤退が始まり、和平が模索される段階である。ジョンソン政権後期の局地戦争、ニクソン政権(1969.1~74.8)のベトナム化戦争が行われる時期に相当する。テト攻勢とは、ベトナムのテト(旧正月)を期して解放戦線側が総反攻に出て(攻撃開始は1月30日未明)、一時はサイゴンのアメリカ大使館を占拠し、またケサン基地のアメリカ軍を一掃するなどアメリカ側を震撼(しんかん)させた軍事作戦である。アメリカ・サイゴン軍とも大きく後退したが、やがて失地をほぼ回復した。解放戦線側の犠牲も大きかったが、これによって軍事勝利の困難なことをアメリカ側に知らせ、北爆停止の契機となった。
 ベトナム化戦争とは、アメリカの地上軍は引き揚げ、そのあとの地上戦闘の責任をサイゴン政府軍が担当しうるように、アメリカがサイゴン政権に兵器、装備、資材を提供し、その軍隊を訓練し、またドル援助を与えて経済力を強化することをいう。アメリカのかね(ドル)、もの(兵器)と、サイゴン政権のひと(肉体)を結び付け、アメリカにとって安上がりの戦争を行おうというのである。
 第三期は、1973年1月、和平協定が調印され、アメリカ軍が撤退したあと、北ベトナム・解放戦線とサイゴン政権との間に激しい戦闘が行われ、ついにホー・チ・ミン作戦によってサイゴン政権が崩壊する時期である。ホー・チ・ミン作戦とは、北ベトナム軍と解放戦線軍が1975年3月10日から4月30日にかけて展開した最後の総攻撃で、これによってサイゴン政権は瓦解(がかい)し、アメリカ軍は全員サイゴンから脱出し、ベトナム戦争に終止符が打たれた。[丸山静雄]

戦争の性格

この戦争には三つの側面ないし三つの性格があった。一つはアメリカの新植民地主義戦争である。これはサイゴン政権を通してベトナムを間接支配しようとしたものである。もう一つはベトナム民族による民族解放闘争で、戦いは南を解放し、北の社会主義を守り、南北を再統一することを大きな目標として戦われた。ベトナムは民族革命と社会主義革命を通して、この戦いを戦った。第三は冷戦の一環としての戦いである。冷戦はイデオロギーとナショナル・インタレスト(国益)をめぐっての対決である。かくてアメリカは中国共産主義封じ込め戦略を掲げてベトナムに遠征し、ベトナム側は人民戦争戦略をもって対抗した。アメリカ陣営には韓国、フィリピン、タイ、オーストラリア、ニュージーランドが兵力を派遣(参戦国)したほか、西側諸国も協力し、ベトナム陣営には社会主義諸国が加わった。この間、民主勢力によるベトナム人民支援の運動が各国で幅広く展開され、国際的な政治戦争の観があった。[丸山静雄]

戦争の意味

この戦争の最大の意味は世界で最大・最強の経済力と軍事力をもつとされたアメリカが初めて敗れたこと、民族解放運動が勝利し、それによって民族解放闘争の正しさと強さが実証されたことであろう。それは三つのことを示唆した。一つは第二次大戦後の冷戦構造を打ち破り、デタント(緊張緩和)の時代に道を開いたこと、もう一つは戦費によるドルの流出と、その価値低下がドルを基軸とする西欧の経済体制を根底から揺さぶり、西欧による世界経済支配の時代が去ったことを実証したこと、第三はアメリカの敗北によって力の論理が崩れ、力に根ざす従来の価値観が変容を迫られたことであろう。その後、ベトナムのカンボジア侵攻(1978.12)、ベトナムからの難民の流出に伴ってベトナム・ナショナリズムのあり方を問題とし、またベトナム戦争(ベトナム解放)の意味を改めて問い直そうとする動きもあったが、こうした三つの基本的な意義は変わらないであろう。[丸山静雄]
『清水知久著『ベトナム戦争の時代』(1985・有斐閣) ▽ニューヨーク・タイムズ編、杉辺利英訳『ベトナム秘密報告』上下(1972・サイマル出版会) ▽スーザン・ソンタグ著、邦高忠二訳『ハノイで考えたこと』(1969・晶文社) ▽丸山静雄著『ベトナム戦争』(1969・筑摩書房) ▽丸山静雄著『インドシナ物語』(1981・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のベトナム戦争の言及

【アメリカ合衆国】より

…19世紀末,米西戦争を契機に世界列強となった合衆国は,第1次大戦,第2次大戦を経て超大国となり,政治,軍事,経済,文化の面で決定的な発言権をもち,〈全能のアメリカ〉が意識されるようになった。しかし,1960,70年代,内に人種紛争,外にベトナム戦争という挫折の体験を通し,さらに冷戦の終焉により,アメリカは世界の中の一国として,相対的に自己を位置づけるようになりつつある。【斎藤 眞】
【自然】
 広大な国土をもつアメリカ合衆国の自然は,きわめて多様性に富んでいる。…

【インドシナ戦争】より

…1960‐75。ベトナム戦争とも呼ぶ)民族革命戦争の総称。1978年1月以降のベトナム・カンボジア戦争,79年のカンボジア内戦と中越戦争を第3次インドシナ戦争とすることもある。…

【ジョンソン】より

…64年の大統領選で圧倒的な支持を得て当選すると教育,福祉,人種差別廃止,環境保全,都市開発など広範にわたる〈偉大な社会〉政策を提唱したが,これらは以後のアメリカ社会を方向づける基本的要素となった。外交面ではソ連やラテン・アメリカ諸国との関係改善に成果をあげたが,65年ころからはベトナム戦争が最大の問題となった。ジョンソンは戦争の早期終結をはかるべく北ベトナム爆撃,アメリカ陸軍の投入などを命じたが,戦争は逆に拡大長期化し,軍事予算の膨張,経済のインフレ化,反戦運動の激化を招く結果となった。…

【ベトナム】より

…しかし,仏教各派をはじめ,ホアハオ教カオダイ教の二大創基宗教など,反革命的性格を帯びた新宗教は,その組織,活動に多くの改造が加えられ,このため,その宗教活動は閉塞状態に追い込まれている。旧北ベトナムはフランスの植民地支配を脱却してのち,ベトナム戦争の破壊と混乱を経ながらも,短期間のうちにアジアでも有数の識字国に成長した。統一のなった今,ベトナムの教育は,旧北ベトナムの諸制度にならって改編,統一され,2段階12年制義務教育(初等学校9年,中学校3年)の普及・徹底,成人教育(思想教育)の重視など,社会主義国のための人づくりの努力が進められている。…

【ベトナム反戦運動】より

…ベトナム戦争(1960‐75年にわたる第2次インドシナ戦争)に対する反戦運動。それまでの反戦運動に比し,ベトナム反戦運動は,質的にも量的にも,はるかに際だったものであった。…

※「ベトナム戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベトナム戦争の関連情報