コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公民権 こうみんけん civil rights

翻訳|civil rights

4件 の用語解説(公民権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公民権
こうみんけん
civil rights

一般的には国家が憲法によって個人に保障するすべての権利をさすが,特に日本では単に選挙権および被選挙権を公民権と呼ぶことがある。南北戦争以後アメリカにおいては,州法で黒人に与えられていない権利,および合衆国憲法上規定されていても実質的に黒人に保障されていない権利を「公民権」と称してきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうみん‐けん【公民権】

公民としての権利。選挙権被選挙権を通じて政治に参加する地位・資格など。参政権

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

公民権【こうみんけん】

国民が能動的地位において国政に参与する権利。この権利をもつ国民を公民という。旧憲法下では日本国民は平等でなく,国政に参与する地位において内地人と朝鮮人・台湾人などとの間には差別があったので,公民の概念が必要であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こうみんけん【公民権】

公民としての権利。公職に関する選挙権・被選挙権、公務員として任用される権利などの総称。市民権。 「 -停止」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公民権の言及

【公民権停止】より

…公民権とは,国または地方公共団体の公務に参与する権利・義務を有する公民としての資格をいう。日本国憲法の下では公民という考え方は廃止され,したがって,公民権の停止は,一般に選挙権,被選挙権の停止と解されているので,以下これについて説明する。…

※「公民権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公民権の関連キーワード社会権非常大権制度的保障直接機関ナショナルミニマム人権蹂躙個人面接死亡保障個人保障違憲立法審査制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公民権の関連情報