コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドニエストル[川] ドニエストル

2件 の用語解説(ドニエストル[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドニエストル[川]【ドニエストル】

ウクライナ西部およびモルドバを流れる川。カルパティア山脈北麓に発して南東流,オデッサの近くで黒海に注ぐ。全長1410km。下流の広い河谷にはアシや低木が多い。
→関連項目キプチャク・ハーン国黒海モルドバ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドニエストル[川]【Dnestr】

ウクライナとモルドバ共和国を流れる川。ドネストル川とも呼ぶ。長さ1352km,流域面積7万2100km2。はじめカルパチ山脈(ウクライナポーランドスロバキア3国国境付近)の標高約1000mの斜面にはじまり,北,つづいて北東,南東に向きをかえ,イワノ・フランコフスクを過ぎてウクライナからモルドバに入り(この間約150kmは両国の国境河川となる),リブニツァ,チラスポリを経てドニエストル潟(長さ41km)から黒海にそそいで終わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone