コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラクマン

百科事典マイペディアの解説

ドラクマン

デンマークの詩人,画家。海軍軍医の子で早くから海に親しむ。ブランデスの影響下に《イギリスの社会主義者たち》(1871年)で急進的立場に立つが,のちロマンティックな恋愛詩,海洋詩を書くようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドラクマン【Holger Drachmann】

1846‐1908
デンマークの画家,作家。イギリス留学後,社会批判の詩人として出発(1872)。最初ブランデス兄弟に共鳴し,次に自然主義に疲れ,理想主義,ロマン主義,ボヘミアン的センチメンタリズムへと移るなど,19世紀後半の文壇変化のすべてを経験した。民話に取材した戯曲《昔むかし》(1885)は今日でも国民に愛され上演される成功作である。画業の面では,彼の絶えず変化する愛の対象と内面を最も象徴的に表すものとして,海を好んで描いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドラクマンの言及

【デンマーク】より

…19世紀半ばは後にデンマーク内外で古典となる文人が多数輩出するが,物語の名手で方言文学の先駆者ブリッカー,文芸評論家ハイベア,童話文学の確立者として不朽のアンデルセン,思弁的風刺家パルダン・メルラーFrederik Paludan‐Müller(1809‐76),文人思想家のキルケゴール,ユダヤ要素でデンマーク文学を豊かにしたゴルスメトMeïr Aron Goldschmidt(1819‐87)らはその一部である。70年代にフランス・イギリス型の自然主義が文芸批評家ブランデスによって導入され,彼は心理描写にすぐれた無神論者ヤコブセン,シャーンドーフSophus Schandorph(1836‐1901),一時期のドラクマンギェレループらの〈現代転換派〉を世に出した。ギェレループとともに1917年ノーベル文学賞を受けたポントピダンは独自に個性の解放を目ざした。…

※「ドラクマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android