コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラゴ・ドクトリン Drago Doctrine

1件 の用語解説(ドラゴ・ドクトリンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドラゴ・ドクトリン【Drago Doctrine】

1902年12月29日,アルゼンチンの外相ルイスマリア・ドラゴLuis María Drago(1859‐1921)がアメリカ合衆国大統領T.ローズベルトあての書簡の中で表明したもので,債権国が債務取立てに武力を行使することに反対した宣言。そのきっかけは,同月9日,ベネズエラ債務不履行に業を煮やしたドイツ政府が,イギリス(後にイタリアも参加)の協力を得て武力でベネズエラの港湾を封鎖し,関税収入を押収しようとしたことにあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドラゴ・ドクトリンの関連キーワードピルゼンフォークランド戦争フォークランド紛争亜爾然丁アルゼンチンタンゴピアソラミロンガプエルトイグアスドゴ・アルヘンティーノ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone