コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラゴ・ドクトリン Drago Doctrine

世界大百科事典 第2版の解説

ドラゴ・ドクトリン【Drago Doctrine】

1902年12月29日,アルゼンチンの外相ルイス・マリア・ドラゴLuis María Drago(1859‐1921)がアメリカ合衆国大統領T.ローズベルトあての書簡の中で表明したもので,債権国が債務取立てに武力を行使することに反対した宣言。そのきっかけは,同月9日,ベネズエラ債務不履行に業を煮やしたドイツ政府が,イギリス(後にイタリアも参加)の協力を得て武力でベネズエラの港湾を封鎖し,関税収入を押収しようとしたことにあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ドラゴ・ドクトリンの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエスバルフォアコワニエサムスシャウプ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android