コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラティ

百科事典マイペディアの解説

ドラティ

ハンガリー生れの指揮者,作曲家。生地ブダペストでコダイバルトークに師事し,18歳で指揮者としてデビュー。バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロアメリカン・バレエ・シアターでバレエ指揮者として名を上げ,以後ローヤル・フィルハーモニー管弦楽団,デトロイト交響楽団などの要職歴任

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドラティ【Antal Dorati】

1906‐88
ハンガリー生れの指揮者,作曲家。コダイやバルトークらに師事し,1924年ブダペスト国立歌劇場で指揮者としてデビュー。33年からバレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロの指揮者。41年アメリカン・バレエ・シアターの音楽監督。その後ダラス交響楽団,ミネアポリス交響楽団,ロンドンのBBC交響楽団,ワシントンのナショナル交響楽団などの指揮者を歴任し,75‐77年ロンドンのローヤル・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラティ
どらてぃ
Antal Dorati
(1906―1988)

ハンガリー出身のアメリカの指揮者。生地ブダペスト音楽院でバルトーク、コダーイなどに学び、1924年ブダペスト歌劇場で指揮者としてデビュー。ヨーロッパ各地でオペラ、バレエの指揮者として活躍ののち渡米し、第二次世界大戦後ダラス交響楽団、ついで49年からミネアポリス交響楽団の常任指揮者を務めた。63年以降イギリスとスウェーデンで活動するため、しばらくアメリカのポストから離れたものの、69年にはワシントン・ナショナル交響楽団音楽監督としてアメリカ楽界に復帰、ついでデトロイト交響楽団音楽監督となる(1979~81)。レパートリーは広いが、ハイドンの交響曲の全曲録音は、ドラティ最高の業績といえる。63年(昭和38)ロンドン交響楽団と初来日した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドラティの関連キーワードガーディナー(John Eliot Gardiner)ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団トーマス ヘンゲルブロックストラビンスキーミネソタ管弦楽団エアプランツアドラティオ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android