ドロ(読み)どろ(英語表記)Louis Dollo

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドロ」の解説

ドロ
どろ
Louis Dollo
(1857―1931)

ベルギーの古脊椎(せきつい)動物学者。フランスのリールで生まれる。リール大学で土木工学を学んだが、地質学と動物学に興味をもち、卒業後ブリュッセルに赴き、王立自然史博物館職員(1882~1925)となった。同古生物部門責任者(1891)としてブリュッセル大学教授(1909)を兼ねた。ベルニサールのイグアノドンの研究に力を注ぎ、古代動物の生態と習性、環境との関連の解明に尽くした。進化学上、ドロの法則とよばれる進化非可逆の法則を唱え、不連続進化の法則、特殊化交代の法則なども提示している。

[小畠郁生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android