コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーラード Dourado, Constantino

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ドーラード Dourado, Constantino

1567?-1620 織豊-江戸時代前期のキリシタン。
永禄(えいろく)10年?生まれ。肥前諫早(いさはや)(長崎県)の人。日本名は不詳。イエズス会士。有馬のセミナリヨにまなび,天正(てんしょう)遣欧使節に随行。リスボンで印刷術と金属活字の鋳造法を修得し,帰国後,各種のキリシタン版を印刷。有馬のセミナリヨでラテン語教師となったが,元和(げんな)3年マカオに追放され,6年6月4日同地で死去。54歳?

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ドーラードの関連キーワードドゥラード十三陵モラレスオニール斎藤龍興パリッシー立花宗茂マウリッツキャンピオン張居正

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android