コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メアリー・スチュアート Mary Stuart

翻訳|Mary Stuart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メアリー・スチュアート
Mary Stuart

[生]1542.12.8. ウェストロージアン,リンリスゴー宮
[没]1587.2.8. ノーサンプトンシャー,フォザリンゲー城
スコットランド女王 (在位 1542~67) 。誕生1週間で父ジェームズ5世の死により即位。 1548年フランス宮廷に送られ,58年皇太子 (のちのフランソア2世) と結婚。翌年フランス王妃となったが,夫の死去 (60) により,61年スコットランドに帰国。当初はプロテスタントの異母兄マレー (伯) に頼ったが,65年カトリック教徒のダーンリー卿と再婚,王子 (のちのジェームズ6世,イングランド王としては1世) が生れたが,D.リッチオの殺害などにより夫と不和に陥り宮廷は混乱した。 67年ボスウェル (伯) がダーンリー卿を殺害し,メアリーと結婚したため,反対派貴族がカーベリーヒルで彼女と対決し,ジェームズを擁立して彼女を廃位した。 68年5月メアリーはイングランドに脱出しエリザベス1世に保護を求めたが,メアリーはヘンリー7世の曾孫でイングランド王位継承権をもっていたため,エリザベスに危険視され,以後 19年間イングランド各地に幽閉された。その間,たびたび4代ノーフォーク (公) らの陰謀に利用され,ついにバビントン陰謀事件に加担した罪で斬首刑に処せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メアリー・スチュアート

スコットランド女王(在位1542年―1567年)。エリザベス1世のいとこのスコットランド王ジェームズ5世の子。幼時よりフランス宮廷で育てられ,1558年皇太子(後のフランソア2世)と結婚。夫の死後1561年帰国。イングランド女王エリザベス1世との対抗上カトリックに味方し,ダーンリー卿,ボズウェル伯と夫をかえたため,1567年国内に貴族の反乱が起き,子のジェームズ6世に譲位。1568年イングランドにのがれたが,イングランド王位継承権をもっていたがゆえにエリザベス1世に19年間も幽閉されたすえ,陰謀荷担を理由に処刑された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メアリー・スチュアート
めありーすちゅあーと
Mary Stewart (Stuart)
(1542―1587)

スコットランドのスチュアート朝の女王(在位1542~67)。ジェームズ5世とフランスのギーズ家のメアリーとの娘。父王がイングランドとの戦いで死亡したため生後1週間で即位。当時スコットランドはフランスと提携していたので、1548年に渡仏、58年にフランス皇太子(後のフランソア2世)と結婚した。夫の死後、61年に帰国。改革派教会を樹立したジョン・ノックスと対立し、カトリック教徒としての立場を守った。65年、従弟(いとこ)のダーンリと再婚し、翌年王子(後のジェームズ6世)を生んだが、夫が暗殺されたのち、その下手人と目されたボスウェル伯と結婚したため、貴族と改革派教会の反抗を受け、敗れて67年に退位。ファイフのロッホリーブン城に投獄されていたが、ここを脱出してエリザベス1世に庇護(ひご)を求めた。20年近い幽閉ののち、スペイン側と共謀しエリザベス暗殺を企てたとして処刑された。[飯島啓二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メアリー・スチュアートの関連キーワードセシル(Lord Burghley William Cecil)アラン(伯家)[スコットランド]フライド・グリーン・トマトスロックモートン陰謀事件カーライル(イギリス)レノックス(伯・公家)ノーサンプトンシャーダーチャ マライーニノーサンプトン(伯)アンドリュー ラングマリア・スチュアルトカスケット・レターズノッティンガム(伯)ノーフォーク(公)エリザベス[1世]ジェームズ[1世]フランソア(2世)フランソア[2世]ドリンクウォーターリドルフィ陰謀事件

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メアリー・スチュアートの関連情報