コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メアリー・スチュアート メアリー・スチュアートMary Stuart

翻訳|Mary Stuart

3件 の用語解説(メアリー・スチュアートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メアリー・スチュアート
メアリー・スチュアート
Mary Stuart

[生]1542.12.8. ウェストロージアンリンリスゴー
[没]1587.2.8. ノーサンプトンシャー,フォザリンゲー城
スコットランド女王 (在位 1542~67) 。誕生1週間で父ジェームズ5世の死により即位。 1548年フランス宮廷に送られ,58年皇太子 (のちのフランソア2世) と結婚。翌年フランス王妃となったが,夫の死去 (60) により,61年スコットランドに帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メアリー・スチュアート

スコットランド女王(在位1542年―1567年)。エリザベス1世のいとこのスコットランド王ジェームズ5世の子。幼時よりフランス宮廷で育てられ,1558年皇太子(後のフランソア2世)と結婚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メアリー・スチュアート
めありーすちゅあーと
Mary Stewart (Stuart)
(1542―1587)

スコットランドのスチュアート朝の女王(在位1542~67)。ジェームズ5世とフランスのギーズ家メアリーとの娘。父王がイングランドとの戦いで死亡したため生後1週間で即位。当時スコットランドはフランスと提携していたので、1548年に渡仏、58年にフランス皇太子(後のフランソア2世)と結婚した。夫の死後、61年に帰国。改革派教会を樹立したジョンノックスと対立し、カトリック教徒としての立場を守った。65年、従弟(いとこ)のダーンリと再婚し、翌年王子(後のジェームズ6世)を生んだが、夫が暗殺されたのち、その下手人と目されたボスウェル伯と結婚したため、貴族と改革派教会の反抗を受け、敗れて67年に退位。ファイフのロッホリーブン城に投獄されていたが、ここを脱出してエリザベス1世に庇護(ひご)を求めた。20年近い幽閉ののち、スペイン側と共謀しエリザベス暗殺を企てたとして処刑された。[飯島啓二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メアリー・スチュアートの関連キーワード徳川家康ダッケの反乱九鬼嘉隆築山殿ヨハネ地獄大館常興日記サラゴサ伊達晴宗種子島銃

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メアリー・スチュアートの関連情報