コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラレス モラレスMorales, Cristóbal de

9件 の用語解説(モラレスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モラレス
モラレス
Morales, Cristóbal de

[生]1500頃.セビリア
[没]1553.9/10. マラガ?
スペインの作曲家。 1526~29年アビラ大聖堂の楽長をつとめ,35年ローマの教皇聖歌隊歌手となった。 45~47年トレドの楽長,51年マラガの楽長となる。スペイン最初のポリフォニー教会音楽の巨匠で,21のミサ曲をはじめとしてマニフィカトモテトなど多数の教会作品を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モラレス
モラレス
Morales, Diego de

[生]1604.10.13.
[没]寛永20(1643).3.25. 長崎
スペインのイエズス会宣教師,司祭,福者。メキシコを経て (1625) ,フィリピンに渡り (26) ,マニラサン・ホセ学校の校長となった。ルビノの一行に加わり,江戸時代前期,鎖国下の薩摩に上陸 (42) したが,捕えられ,翌 1643年長崎で穴つるしの拷問を受けたのち処刑された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モラレス
モラレス
Morales, Francisco de

[生]?
[没]元和8(1622).9.10. 長崎
スペインのドミニコ会士,殉教者,福者。マニラを経て,薩摩に上陸 (1601) 。薩摩,長崎で宣教,京都に聖堂や癩病院を建設したのち,慶長 18 (13) 年江戸におもむき幕府に厚遇された。元和3 (17) 年ドミニコ会管区長代理となったが,捕縛され,壱岐島で投獄,長崎で火刑に処せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モラレス
モラレス
Morales, Luis de

[生]1510頃.バダホス
[没]1586.5.9. バダホス
スペインの宗教画家。 1546~86年生地で活動し,フランドル絵画やレオナルドダ・ビンチイタリアマニエリスムの作風を吸収して,独自の神秘的な作風を確立した。「エッケ・ホモ」「ピエタ」「聖母子」などを好んで主題とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モラレス
モラレス
Morales, Rafael

[生]1919
スペインの詩人。ソネット集『闘牛の詩』 Poemas del toro (1943) ではなやかに詩壇に登場,リベラ賞を受けた『アスファルトの歌』 Canción sobre el asfalto (53) が代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モラレス
モラレス
Morales, Evo

[生]1959.10.26. イサジャビ
ボリビアの政治家,労働運動指導者。大統領(在任 2006~ )。フルネーム Juan Evo Morales Ayma。高校で学び兵役についたのち,家族とボリビア東部チャパレに移住。農家を営む一家は,同地でコカ(→コカノキ)の栽培を手がけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

モラレス Morales, Francisco de

1567-1622 スペインの宣教師。
1567年10月14日生まれ。ドミニコ会士。慶長7年(1602)薩摩(さつま)(鹿児島県)に来日し,14年島津氏に迫害されて長崎にうつった。19年禁教令によりマニラに追放されたが,長崎の村山徳安のもとに潜伏。元和(げんな)5年捕らえられ,8年8月5日火刑に処せられた(元和大殉教)。54歳。マドリード出身。

モラレス Morales, Diego de

1604-1643 スペインの宣教師。
1604年10月13日生まれ。イエズス会司祭。マニラでコレジヨ院長をながくつとめる。布教と背教者フェレイラ(沢野忠庵)に回心をすすめるため,寛永19年ルビノらとともに薩摩(さつま)(鹿児島県)の下甑(しもこしき)島に上陸。捕らえられて長崎におくられ,拷問ののち寛永20年2月6日処刑された。38歳。ソリア出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

モラレス

没年:元和8.8.5(1622.9.10)
生年:1567.10.14
スペイン人ドミニコ会士。マドリード出身。1598年マニラに渡り,1601年同地の聖ドミニコ修道院長に任命された。翌慶長7(1602)年日本布教長として薩摩(鹿児島県)の甑島に渡来。その周辺の布教に従事していたが,同14年この地のキリシタン迫害が激化したため長崎に赴いた。同19年10月他の宣教師と共に追放されたが,沖に出たところで,あらかじめ待機していたキリシタンの小舟によって長崎に戻り,長崎代官村山等安の長男・村山徳安にかくまわれた。元和5(1619)年捕らえられ壱岐の獄につながれ,のち大村の牢に移され,元和8年長崎において殉教した。<著作>J.デルガード編『福者フランシスコ・モラーレス書簡・報告』(佐久間正訳)<参考文献>J.Delgado Garci´a《El Beato Francisco Morales O.P.ma´rtirdelJapo´n.Supersonalidadhisto´ricaymision‐era》,D.Aduarte《Historia de la Provincia del Santo Rosario de la Orden de Predicadores en Filipinas, Japo´n y China》Ⅰ,Ⅱ

(野間一正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

モラレスの関連キーワードスペイン音楽Edward the Confessor川中島の戦奥多摩中距離競走クラーナハデカスロン高木美帆救急・在宅等支援療養病床初期加算I KAMIKO

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モラレスの関連情報