コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・フリース Hugo Marie De Vries

世界大百科事典 第2版の解説

ド・フリース【Hugo Marie De Vries】

1848‐1935
オランダの植物学者。ライデン大学,ビュルツブルク大学,ハイデルベルク大学に学ぶ。アムステルダム大学教授。ザックスJ.von SachsやホフマイスターW.Hofmeisterらに師事し,植物生理学,遺伝学を研究。遺伝現象に関してはダーウィンのパンゲン説を発展させた細胞内パンゲン説を提唱(1889)。メンデル法則の再発見(1900),オオマツヨイグサの交雑実験にもとづく突然変異説の提唱(1901)などの業績をあげ,遺伝子概念形成に重要な役割を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ド・フリースの関連キーワードチェルマク(Erich von Seysenegg Tschermak)ザックス(Julius von Sachs)進化のクライマックス雑種植物の研究メンデルの法則ミュータントベイエリンクド・フリースチェルマクヨハンセン2月16日英雄伝説モーガンフリースコレンスソリトン進化論孤立波四倍体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android