大待宵草(読み)オオマツヨイグサ

デジタル大辞泉の解説

おお‐まつよいぐさ〔おほまつよひぐさ〕【大待宵草】

アカバナ科の二年草。川原などに群生し、高さ約1.5メートル。マツヨイグサより葉は幅広い。夏の夕方、黄色い4弁花を開き、翌朝しぼんでもあまり赤くならない。実は細長く、熟すと四つに裂ける。北アメリカの原産で、明治初期に渡来、帰化 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおまつよいぐさ【大待宵草】

アカバナ科の二年草。北アメリカ原産で明治初年に帰化。茎は下部から分枝して横に張り、高さ1.5メートル 内外。初夏の夕方、枝先の穂状花序に数個の大形で黄色の四弁花を開き、翌朝しぼむ。ド=フリースが突然変異の実験材料に用いた。ヨイマチグサ・ツキミソウとも呼ぶが、誤称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大待宵草 (オオマツヨイグサ)

学名:Oenothera erythrosepala
植物。アカバナ科の越年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐まつよいぐさ おほまつよひぐさ【大待宵草】

〘名〙 アカバナ科の越年草。北アメリカ原産の帰化植物で、明治初年に渡来し、今では各地に野生化している。茎は直立して、高さ一メートル前後になり、狭長楕円形で縁に浅い鋸歯(きょし)のある葉が密につく。夏の夕方、黄色で径五センチメートルぐらいの四弁の花が枝先に連なって咲き、翌朝しぼむ。ド=フリースの突然変異説の研究材料とされた。俗にツキミソウと呼ばれる。よいまちぐさ。《季・夏》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android