コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大待宵草 オオマツヨイグサ

デジタル大辞泉の解説

おお‐まつよいぐさ〔おほまつよひぐさ〕【大待宵草】

アカバナ科の二年草。川原などに群生し、高さ約1.5メートル。マツヨイグサより葉は幅広い。夏の夕方、黄色い4弁花を開き、翌朝しぼんでもあまり赤くならない。実は細長く、熟すと四つに裂ける。北アメリカの原産で、明治初期に渡来、帰化 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおまつよいぐさ【大待宵草】

アカバナ科の二年草。北アメリカ原産で明治初年に帰化。茎は下部から分枝して横に張り、高さ1.5メートル 内外。初夏の夕方、枝先の穂状花序に数個の大形で黄色の四弁花を開き、翌朝しぼむ。ド=フリースが突然変異の実験材料に用いた。ヨイマチグサ・ツキミソウとも呼ぶが、誤称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大待宵草 (オオマツヨイグサ)

学名:Oenothera erythrosepala
植物。アカバナ科の越年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

大待宵草の関連キーワードイロマツヨイ(色待宵)ツキミソウ(月見草)フリース穂状花序突然変異

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android