コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナウムブルク Naumburg

デジタル大辞泉の解説

ナウムブルク(Naumburg)

ドイツ中東部、ザクセン‐アンハルト州の都市。正式名称はナウムブルク‐アン‐デア‐ザーレ。ザーレ川沿いに位置する。1949年から1990年まで旧東ドイツに属した。中世より交通の要衝、15世紀にハンザ同盟に加盟した。ロマネスク様式からゴシック様式への移行期に建造された大聖堂をはじめ、歴史的建造物が数多く残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ナウムブルク【Naumburg】

ドイツ中部,ザクセン・アンハルト州のザーレ川沿岸の都市。人口約6万(1977)。食料品,繊維,玩具の生産が行われる。1000年ごろ辺境伯エッケハルトの植民により開かれ,28年に都市法の成立をみた。11世紀にツァイツZeitzからの司教座の移置で急速に発展。大聖堂(ザンクト・ペーター・ウント・パウル)は,13世紀に司教エンゲルハルトとディートリヒの在位中に進められ,ロマネスクからゴシックへの過渡期の様式を示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナウムブルク
なうむぶるく
Naumburg

ドイツ中東部、ザクセン・アンハルト州の都市。1949~90年は旧東ドイツに属した。ザーレ川の右岸、支流ウンストルート川との合流点に近い標高108メートルの赤色砂岩の段丘上に位置する。人口3万0400(2000)。繊維、食品、玩具(がんぐ)、機械などの工業がある。マイセン辺境伯エッケハルト1世が1002年に城を建て、司教座をツァイツからここへ移した。市域は司教地区と住宅商業地区からなっている。有名な大聖堂はロマネスク様式からゴシック様式への移行期のものである。[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android