コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナウムブルク ナウムブルク Naumburg

4件 の用語解説(ナウムブルクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナウムブルク(Naumburg)

ドイツ中東部、ザクセンアンハルト州の都市。正式名称はナウムブルク‐アン‐デア‐ザーレザーレ川沿いに位置する。1949年から1990年まで旧東ドイツに属した。中世より交通の要衝、15世紀にハンザ同盟に加盟した。ロマネスク様式からゴシック様式への移行期に建造された大聖堂をはじめ、歴史的建造物が数多く残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナウムブルク【Naumburg】

ドイツ中部,ザクセン・アンハルト州のザーレ川沿岸の都市。人口約6万(1977)。食料品,繊維,玩具の生産が行われる1000年ごろ辺境伯エッケハルトの植民により開かれ,28年に都市法の成立をみた。11世紀にツァイツZeitzからの司教座の移置で急速に発展。大聖堂(ザンクト・ペーターウントパウル)は,13世紀に司教エンゲルハルトとディートリヒの在位中に進められ,ロマネスクからゴシックへの過渡期の様式を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナウムブルク
ナイムブルク

ナウムブルクアンデアザーレ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナウムブルク
なうむぶるく
Naumburg

ドイツ中東部、ザクセン・アンハルト州の都市。1949~90年は旧東ドイツに属した。ザーレ川の右岸、支流ウンストルート川との合流点に近い標高108メートルの赤色砂岩の段丘上に位置する。人口3万0400(2000)。繊維、食品、玩具(がんぐ)、機械などの工業がある。マイセン辺境伯エッケハルト1世が1002年に城を建て、司教座をツァイツからここへ移した。市域は司教地区と住宅商業地区からなっている。有名な大聖堂はロマネスク様式からゴシック様式への移行期のものである。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナウムブルクの関連キーワードウィッテンベルクウェルニゲローデデッサウナウムブルク大聖堂ハルバーシュタットウェルニゲローデ城クウェートリンブルクザクセンアンハルトターレデッサウベルリッツ庭園王国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone