コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガイボグモ Hersiliidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガイボグモ
Hersiliidae

クモ綱クモ目ナガイボグモ科に属する種類の総称。体長約 1cm,体の色は褐色ないし緑色で,樹皮や地衣類の色と似ている。この種類は,その名のとおり糸いぼの後対が非常に長く,よく発達している。樹木の幹などに頭を下にしてじっとしていて,通りかかった昆虫などの小型の節足動物に,周囲をぐるぐる回りながら,糸いぼから糸を投げかけてからめとる。チリグモ科 Oecobiidaeに近縁と考えられ,世界に5属約 120種が知られる。熱帯に多く,日本には八重山諸島にナガイボグモ Hersilia savignyi1種のみを産する。 (→クモ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android