コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガウニ Echinometra mathaei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガウニ
Echinometra mathaei

棘皮動物門ウニ綱拱歯目ナガウニ科。楕円形で,長径 6.5cm,短径 5cm,高さ 4cm内外。殻は紫黒色,強固で,下面には殻径の半分以上の大きな開口部がある。歩帯には大いぼが縦2列に並び,通常4列の管足がある。とげは強大で,先端はとがって白いが,下部は暗緑褐色を呈する。サンゴ礁または外洋に面した岩礁に生息している。インド洋,太平洋の熱・亜熱帯海域に広く分布し,日本では紀伊半島以南の太平洋岸に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガウニ
ながうに / 長海胆
[学]Echinometra mathaei

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱ナガウニ科に属する海産動物。熱帯の浅海域でもっとも普通にみられる中形のウニで、殻の輪郭が長楕円(ちょうだえん)形なのでこの名がある。殻の長径4~5センチメートル、棘長2センチメートルぐらい。棘(とげ)の色は変異が多く、暗緑色、緑褐色、黒色、淡紅色のものなどあり、先端が白いものもある。殻の表面は紫黒色。棘を使ってサンゴに穴をあけ、昼間はそのなかで棘を突っ張ったまま動かないが、夜間は抜け出てサンゴ礁の上をはう習性がある。生殖巣は臭気があり、食用としない。相模(さがみ)湾や伊豆半島沿岸にもまれにみられるが、主として本州南西部以南、ハワイ、オーストラリア、アフリカ東岸を含むインド洋、西太平洋海域に分布する。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナガウニの関連キーワードムラサキウニ(紫海胆)ナガウニ(長海胆)キタムラサキウニジンガサウニムラサキウニタワシウニパイプ海胆パイプウニクロウニ陣笠海胆生殖巣長海胆紫海胆

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android